歩き方の着地はかかと or つま先どっちが正しい?

歩き方の着地は、かかとで着地をすることだと言われたり、逆につま先だと言われたりしますが、実際はどちらが適切なのでしょうか?

個人的には、どちらも適切ではないと思いますが、適切に着地ができれば、今よりも楽に歩くことができるはずです。

この記事では、

  • 歩く際の着地はかかと or つま先のどちらか
  • 正しい歩き方がない理由

などを解説します。

 

歩き方の着地はかかと or つま先どっちが正しい?

結論を言えば、以下の通りです。

結論:足裏全体で着地

自然な身体の使い方ができれば、

歩くときの着地は、足裏全体で着地をする

ということが適切だと考えています。なぜ足裏全体なのかは、自然に立ったときの状態を見ていくと理解しやすいと思います。

まず自然に立てたとき、足裏はこのような比率で体重が乗ります。

これは、マルカルドの体重分布図といわれるもので、自然な状態で立てたときの体重比率を表しています。

この比率で立てたときは、足裏全体に体重が乗る、もしくは踝の真下の位置に体重が乗っている状態になります。

ここで着地をすると、着地の際に地面から受ける衝撃は脚や体幹全体に分散され、部分にかかるストレスは小さくなります。

また、着地した際に、ブレーキをかけることもないですので、非常にスムーズに楽に歩くことにもつながります。

ですので、歩くときの着地というのは、

基本的には、足裏全体で着地することが適切

だと考えているというわけです。

足の前後で着地=負担が増える

逆に、足裏の、

  • かかと
  • つま先

どちらかに偏った状態で着地を繰り返すとします。そうすると、どのようなことが起こるのでしょうか?

例えば、かかとから着地を繰り返すとします。

そうすると、足の一点が身体の前側で着地をするため、ブレーキがかかりますし、地面との摩擦が大きくなるため、身体にかかる負担が増します。

これはつま先着地でも同じことが言えます。つま先で着地をすると、このような状態になります。

つま先着地をする場合も、身体の前側に脚が出てくるため、どうしてもブレーキがかかってしまう。

結果的に、ふくらはぎや太ももの前側に対するストレスが増えてしまい、脚が太くなったり、疲れやすくなったりします。

ですので、

  • かかと着地
  • つま先着地

ともに、部分的に着地することは楽に歩くことを目的とした場合は、あまり適切ではないということです。

では、どのように歩けばフラット(足裏全体)に着地することができるのでしょうか?

難しい意識は不要

フラットに着地するためには、

全身をリラックスさせ、重心を前に運ぶだけでOK

です。

言葉だけでは難しいかもしれませんが、具体的な歩き方の改善方法は、「脚やせする歩き方を4ステップで解説【ウォーキングも同じ】」で解説しています。

簡単に言えば、胸元辺りを前にスーッと運ぶように歩けば、自然に身体の真下付近でフラットに着地することができます。

動画でも解説しているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

ここまでは、フラットに着地することが適切だとお伝えしましたが、別の考え方もできるので、合わせて解説していきますね。

 

正しい歩き方も存在しない

一般的には、“正しい歩き方”と表現されて歩き方の解説をされることもありますが、基本的には正しい歩き方は存在しません。

なぜなら、“正しい”と言える正確な基準がないからです。それよりも、目的によって歩き方は変えればいいと思います。

目的によって歩き方は変わる

上記でお伝えしたのは、楽にスムーズに歩けるような着地の仕方を解説しましたが、もしダイエット目的であれば“楽さ”を求めるのは適切とは言えません。

なぜなら、

  • 楽に感じる=消費量エネルギーが小さい
  • しんどい=消費量エネルギーが大きい

という関係になるからです。

ダイエット目的の場合、できるだけ大きくのエネルギーを消費した方がいいので、あえてつま先やかかとに着地ポイントをずらすのもありだと思います。

改めておさえておいてほしいことは、

歩き方や着地の仕方=目的によって変わる

ということ。

これを踏まえた上で、次はダイエットを目的とした場合の着地について考えてみたいと思います。

ダイエット目的=かかと着地もある

先ほどもお伝えしたように、ダイエット目的であれば、消費エネルギーを増やすことが1つの目的となります。

そのための工夫とすれば、

腕や脚を大きく動かし、踵からの着地を繰り返す

ように歩きます。

そうすると、身体は疲れやすくなり、エネルギーを無駄に消費してくれます。

こういう歩き方は、ある意味でダイエット向きと言えるかもしれませんね。

ふくらはぎを太くしたい=つま先着地

また、ふくらはぎを太くしたいという目的があれば、つま先着地を繰り返すような歩き方が適切だと思います。

こういったつま先着地は、地面を突くような形となり、ふくらはぎに大きなストレスが加わります。

1日何千回とこういう動きを行うと、ふくらはぎの筋肉がつく可能性は十分あり、ふくらはぎを太くしたい目的であればこういう歩き方もありですよね。

関連記事:ふくらはぎが硬い原因と柔らかくする4つの方法【緩めればOK】

むくみを改善する=足首を使う

また、ふくらはぎのむくみが気になる方は、歩いている時に軽くふわっとしたイメージで足首を使う意識を持てば、むくみを改善できます。

こういう動きを繰り返せば、ふくらはぎがポンプの役割となって循環が改善されます。

ですので、むくみの改善が目的であれば、このように、

足首を適度に使って歩く

という方法も適切になります。

自然に動くとフラットに着地する

このように、歩き方というのは、

目的によって変える

ということが適切であり、特に正しい歩き方というのが存在しないことが理解していただけると思います。

ただ、人が本当に自然な動作で歩くことができると、全身がリラックスした状態であれば、

自然にフラットに着地

します。

先ほどもお伝えしましたが、歩いている時の着地がが、かかとかつま先かという疑問に対しては、“フラットに着地する”というのが、適切な答えになります。

 

まとめ

今回は、歩き方の着地はかかと or つま先か、正しい歩き方とは?というテーマで解説しました。

今回の記事の内容

  • 自然に歩けると、フラットに着地する
  • かかと、つま先などに偏ると身体にかかる負担が増す
  • 正しい歩き方も存在せず、目的に応じて歩き方を変える
  • ダイエット目的であれば、腕や脚を大きく動かし、かかとから着地するのもあり
  • むくみの改善が目的であれば、足首を軽く使いながら歩く
  • ただ、自然な身体の使い方ができると自然にフラットに着地する

こういった内容をお伝えしました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

その他の姿勢や動作については、こちらも参考にしてみてくださいね。

無料体験・相談を随時受付中!


Izurustyleでは、無料体験・相談を随時受け付けていますし、当ブログでお伝えしている悩みは全て改善が可能です。無料体験やパーソナルトレーニングをご希望の方は、こちらからお申込ください。




無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む