二の腕が細くならないと悩んだ時に見直したい4つのチェックポイント

二の腕のたるみが気になってきたから、その部分を鍛えてみる。トレーニングはきついけど、やれば引き締まるはずだからと頑張ってみる。

だけど全然変わらない。ストレッチやマッサージをしてみるけど全然細くならない。そうやって頑張っているけど、なかなか細くならないと悩みますし、頑張った分ショックでもありますよね。

二の腕が細くならないのって、シンプルに言えば細くならないようなことをしてしまっているからなんですね。ですので、細くならない原因をみつけて改善すれば細くできます。

今回は、そんな二の腕が細くならない原因と改善方法について解説します。

 

二の腕が細くならない4つの理由

二の腕が細くならないと悩む方は、以下のようなことになっていませんか?

①トレーニングの内容に問題がある

トレーニングをしている方は多いと思いますが、問題はその中身ですね。中身というのは、

  • 種目
  • 強度(重さ)
  • 回数
  • セット数
  • 休息時間 など

こういったものが当てはまり、これらが二の腕の引き締まる内容であれば、必ず引き締まり細くなるはずです。ただ、細くならないとなれば、この中身に問題がある可能性があります。

関連記事:腕立て伏せでプニプニな二の腕を細くする方法

②頻度が足りていない

これもトレーニング関連のことですが、基本的に身体を変えるためには

週2回のトレーニングが必要

で、生理学で決まっています。

ですので、この頻度が少ない、もしくは多すぎることも二の腕が細くならない原因になっている可能性があります。

③二の腕のトレーニングばかりしている

脂肪が多いと二の腕も太くなりますが、この場合ダイエットをしたり、全身のトレーニングをした方が効率よく二の腕を細くすることができます。

ただ、よくあるケースは、二の腕が気になるからといって、二の腕ばかりトレーニングしてしまっているということ。

脂肪が多い場合は、トレーニングではなく、食事を減らした方がわかりやすく細くなるはずです。

関連記事:二の腕だけ異常に太い原因と細くする方法

④原因を取り除けていない

ここまで3つほど例を挙げましたが、他にも細くならない理由は出てくると思います。

ただ、二の腕が細くならない原因は、1つに集約できます。それが、

二の腕が太くなった原因を取り除けていない

ということです。ここが最大の問題点です。

この質問に答えられる方は、おそらく今何をやれば二の腕が細くなるのか、理解できているはずなんですね。その質問というのが、

「あなたの二の腕は、なぜ太くなっていますか?」というもの。

身体の悩みを抱えるほとんどの方は、根本的な原因がわかっていませんし、その状態でトレーニングやストレッチングなどの方法を選択しているはず。

原因さえわかると、二の腕を細くするためにやるべきことが見えてきます。では、なぜ二の腕は太くなってしまうのでしょうか?原因をお伝えします。

二の腕が太くなる原因

二の腕が太くなる原因は、

  • 循環が悪い(むくみ)
  • 脂肪が多い
  • 腕が捻じれている

この3つで太くなっている可能性があります。

これらは、「二の腕の外側が太くなる原因と細くする5ステップ」を読んでいただくと、より理解しやすいと思います。

では、どうすれば二の腕を細くすることができるのでしょうか?

 

二の腕を細くする方法

先ほどの原因から考えると、やるべきことはまず筋肉を緩めることです。

そうすると、むくみや捻じれも改善し、本来の二の腕の状態に戻ります。それでもなお太いとなると、脂肪が多いのでダイエットをする必要が出てくるはずです。

具体的な方法を解説します。

二の腕周辺を緩める

手順

  1. 椅子に座る
  2. 両手を肩の前辺りで構える
  3. 鼻から息を吸って、片腕を気持ち良く上げていく
    (このとき軽く体側まで引き伸ばされるイメージ)
  4. 口から息を吐くと同時に、腕を脱力し落とす
  5. この動きを交互に20回ずつ行う

慣れてくれば、両腕同時に行ってOKです!

続いての方法はこちら。

脇の下に手を入れて呼吸をする

皮膚に触れて呼吸をすると、その部分が緩むので、次は触れた状態で呼吸を行っていきます。

手順

  1. 脇の下に手を入れ、軽く皮膚に触れる
  2. 鼻から軽く息を吸い、口から細く長く息を吐く
  3. 深呼吸を10回行う

ある程度筋肉が緩んだところで次に移ります。

関連記事:脇のたるみをスッキリ引き締める方法

腕をぶらぶらさせる

手順

  1. 手首をぶらぶらするようなイメージで腕などを揺らす
  2. いろんな角度に腕の位置を変え、2分間揺らし続ける

これだけで二の腕周りの筋肉が緩み、柔らかくなり、引き締まっていくことがわかると思います。

また、二の腕を引き締めるためにいろんなことをしているけど効果が出ないという方は、“回数が少なすぎる”傾向があります。

思っている以上に数をこなさないといけないですし、ネットで書かれているような、

30回×3セット

たったこんな数で、二の腕が引き締まるわけがありません。というぐらい、トレーナーとすれば常識的なことを、ネットではさぞ効果があるように書かれています。

この数は正直、適切ではありません。1時間のレッスンでこういうことをすれば、1つの目安としては、

500~1000回ぐらいは行う

というイメージを持っています。つまり、一般的に言われる数では全然足りてないんですね。ここも、多くの方が二の腕が細くならないと悩むポイントになっているかもしれません。

数をこなすことって大事です!ここまでの流れをしていただくと、

筋肉が緩む+循環が改善+腕の捻れが改善=二の腕が細くなっている

はずです。ただ、ここで終わってはいけません。「えっ?まだ何かやることあるの?」そう思われるかもしれませんが、そもそも二の腕って何で太くなっていましたか?

  • 循環が悪い(むくみ)
  • 脂肪が多い
  • 腕が捻じれている

この3つでした。そして、この3つの原因になっているのって何でしたか?座り方など、日頃の姿勢でした。

つまり、身体の筋肉ができるだけ緊張しないような姿勢に改善することが、根本原因を取り除くことになるので、ここまで行ってはじめて、二の腕を細くし、それを維持することができます。

この姿勢については、別の記事でまとめているので、こちらを参考にしてみてください。

先ほどお伝えした筋肉を緩める方法+姿勢の改善を継続すれば、二の腕は細くなっていきますし、割と即効性があります。

毎回、「ちょっと細くなったかも!」と、感じれると思うので、そういう変化を楽しみながら続けてみてください。

 

まとめ:必要なことができると二の腕は引き締まる

最後に、今回の記事の内容をまとめます。

  • 二の腕が細くならないのは、細くならないことをしているから
  • まずは、筋肉を緩め、循環の改善をすると細くなる
  • それでも細くしたい方は、ダイエットをするとさらに細くできる
  • 日頃の姿勢も重要になり、改善する必要がある
  • 何よりも重要なとは、二の腕が太くなった原因をみつけること

こういった内容をお伝えしていきました。

二の腕が細くならないのは、細くならないことをしていただけなので、そこをみつけ、改善することができると細くできます。何よりも原因の発見が重要ですからね。

今回の記事の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む