筋トレ翌日に頭痛が出る原因と改善方法

筋トレをした翌日、頭がガンガン痛くなり頭痛に悩まされた経験はないでしょうか?

この頭痛の原因は酸素不足の可能性があり、筋肉を緩めて酸素を多く摂り込むことで改善できます。

この記事では、

  • 筋トレ翌日に頭痛が出る原因
  • 頭痛の改善方法

などについて解説します。

 

筋トレ翌日に頭痛が出る理由

筋トレ翌日に頭痛が出る主な理由は、

脳内の酸素不足と首周りの筋肉の緊張

が原因と考えられます。詳しく解説していきますね。

主な原因は首周りの緊張と酸素不足

筋トレ翌日に頭痛が出ている方は、前日の筋トレ内容に、

  • スクワット
  • デッドリフト
  • ラットプルダウン
  • ローイング
  • ショルダープレス
  • ショルダーシュレッグ
  • 背筋 など

こういった背中の筋肉を刺激する種目をしていないでしょうか?こういった種目では、僧帽筋を中心とした背筋群が緊張し、硬くなります。

僧帽筋などの首周りの筋肉が緊張すると血流が悪くなり、全身をめぐる血液の循環が悪くなります。特に、首から上の脳への血流量が低下します。

血液の中には酸素が含まれており、脳への血流量が低下することで、結果的に脳内が酸素不足に陥る。

人は酸素不足になることで頭痛が起こりますから、筋トレ翌日に頭痛がひどくなる方は、僧帽筋などが硬くなった影響を受けた結果、脳の酸素不足が原因と考えられます。

フォームの癖や歯の食いしばりも原因

また、フォームの癖や歯をよく食いしばる場合も、頭痛につながる可能性が高いと言えます。

例えば、

  • ベンチプレス
  • ダンベルフライ
  • ライイングトライセップスエクステンション
  • 腹筋 など

こういう種目では、フォームの癖で頭をベンチ台に押し当てる動作をしていたり、歯を食いしばることで首周りの筋肉が緊張してしまうことがあります。

こういうフォームの癖や歯の食いしばりも、結果的に頭痛に関連すると言えますね。

筋トレ後に筋肉を緩めていない

こういった根本原因がある中で、筋トレ後に筋肉を緩めずに翌日を迎えると、当然トレーニングした部位の筋肉やその周辺の筋肉が硬くなり、頭痛は出やすくなります。

筋トレ後にストレッチングなどで筋肉を緩めると、血流も悪くならず老廃物も代謝されるため、肩こりや頭痛にはなりづらい。

今、筋トレ後の頭痛で悩む方は、

筋トレ後に筋肉を緩める

ことを習慣にするだけで改善できるはずです。では、どのように筋肉を緩めればいいのでしょうか?

 

筋トレ翌日に出る頭痛の改善方法

筋肉を緩めるとなればストレッチングがイメージしやすいですが、ストレッチングより緩む方法があります。

それが筋肉を揺らす、気持ち良く関節を動かすという方法です。頭痛の方は、特に首周りや肩周りを緩めることで改善が可能です。

この緩める方法は、「肩の盛り上がりの原因と5つの改善方法」や「二の腕の外側が太くなる原因と細くする5ステップ」で詳しく解説しています。

その他には、全身を緩めるストレッチングをしてもらったり、全身をぶらぶら揺らすようなことをすれば、より頭痛の改善につながります。

これらについては、こちらの記事でそれぞれ紹介しているので、参考にしてみてください。

筋トレ内容を見直す

こうやって筋肉を緩められたのにも関わらず頭痛が出る方は、1日のトレーニングボリュームが大きすぎる可能性があります。

可能であれば、

胸・上腕三頭筋・肩
背中・上腕二頭筋
下半身・体幹
胸・上腕三頭筋・肩
背中・上腕二頭筋
下半身・体幹
OFF

このように、1日で行うトレーニング量を下げることで、筋肉への負担を軽減できます。

これでもまだ頭痛が出る方は、もっと強度を下げる必要があるはずです。この内容については、「筋トレの分割法・トレーニングメニューの組み方を解説」を参考にしてみてください。

筋トレのフォーム・癖を改善する

もう1つは、筋トレのフォームや癖を改善すること。実際に僕も頭痛に悩んでいる時期があって、そのときの原因は、

ベンチで行う種目すべてで、頭をベンチ台に押し当てる

という癖があったことです。

元々力みやすかった上にこういう動作の癖があったため、頭痛が出ていました。

首周りが緊張してないことを確認しつつトレーニングをするようになってからは、頭痛は改善されましたね。

ですので、今筋トレ翌日の頭痛に悩まされている方は、

  • 筋肉を緩める
  • 筋トレ内容の見直し
  • フォームや癖の改善

ができると、頭痛を改善することができるはずですよ。

あまりに頭痛がひどい場合は病院へ

どうしても改善ができない場合は、その他の理由も考えられるため、念のため病院へ行って診てもらうことも必要でしょう。

僕はパーソナルトレーナーとして現場で指導していて、身体に異変を感じたクライアントさんに診察を受けるよう伝えたところ、

  • 子宮頸がん
  • 乳がん

などがみつかるケースがありました。

頭痛はさまざまな病気との兼ね合いもあるので、確実な診断を得ることもおすすめします。

 

筋トレ翌日に出る頭痛は筋肉を緩めて予防しよう

今回は、筋トレ翌日に出る頭痛の原因と改善方法について解説しました。

今回の記事のまとめ

  • 頭痛の主な原因は、首の緊張と酸素不足
  • 筋トレ内容、フォームなどの癖などによって首周りの筋肉が硬くなる
  • その結果血流が悪くなり、脳内が酸素不足になり、頭痛が発生する
  • 筋トレ後に筋肉を緩めると頭痛は改善される
  • あまりに頭痛がひどい場合は、病院で診察を受ける

こういった内容をお伝えしました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む