太ももが太い5つの原因と細くする4つの方法【脚細くなりたい方必見】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

太ももが太いと悩む方は、遺伝で太くなっていると考える方もいるかもですが、主に5つのことが原因となって太くなっているはずです。

そして、この5つに対応することで太ももを細くすることは可能です。今回の内容は、脚が細くなりたいと思う方にぜひ知ってほしい内容ですね。

この記事では、

  • 太ももが太い5つの原因
  • 太ももを細くする4つの方法

などを解説します。

 

太ももが太い5つの原因

主な原因は、以下の5つです。

  1. 筋肉の張り
  2. むくみ
  3. 関節の捻れ
  4. 脂肪がつく
  5. 筋肉がつく

これらが原因で太ももが太くなっているはず。

太ももが太い原因①:筋肉の張り

例えば、日頃何気なく立つ・歩くときに、

  • つま先重心
  • 脚を前に出すように歩く

こういったことをしていないでしょうか?

こういった立ち方や歩き方をしていると、太ももの前側の筋肉にストレスがかかり硬くなる。

そういう毎日を過ごしていると、いつの間にか前ももだけポコッと張り出てしまいます。

このように、

太ももの筋肉にストレスがかかり、筋肉が張ることで太くなる

ということが考えられます。

特に太ももの前側の張りや太さで悩む方は、こういった原因が考えられます。詳しくは、「太ももの前側が太い&パンパンに張り出す原因と細くする4つの手順」をご覧ください。

太ももが太い原因②:むくみ

次に考えられることは、

太もも全体が浮腫んでしまっている

ということです。

日頃、

  • 長時間座りっぱなしで仕事をしている
  • 締め付けの強い衣服を着ている
  • 姿勢や動作がまずく筋肉が硬い
  • 水分の摂りすぎ など

さまざまな原因は考えられますが、こういったことをしていると、太ももがパンパンに浮腫んでいる可能性があります。

そうすると、太ももは当然太くなりますし、現代人はむくみによってひと回りぐらい太くなっているとも言えますね。

内ももが太いと悩む方は、このむくみが大いに関係しているはず。詳しくは、「太ももの内側にたるみができる原因と引き締める4つの手順」で解説しています。

太ももが太い原因③:股関節や膝関節の捻れ

①・②でお伝えしたことと重なって起こりやすいのが、

股関節や膝関節が捻じれて太ももが太くなってしまう

ということです。

例えば、太ももの外側だけポコッと張り出して悩んでいる方もいると思います。

もしくは、膝上のたるみで悩む方もいると思いますが、こういった悩みは股関節や膝関節の捻れが関係しています。

太ももの外側で言えば、本来後方に膨らみがあるお尻の筋肉や脂肪が、股関節が捻じれることで太ももの外側に引っ張られます。

簡単に表現すれば、股関節に捻れがなければこのような状態に見えるはず。

だけど、股関節が捻じれることで外側に膨らみができてしまう。

これはかなりシンプルに表現していますが、実際太ももはこういった股関節や膝関節の捻れで部分的にたるみや張りができます。

ですので、こういった関節の捻れも太ももの太さに大きく影響しているんですね。

太ももの外側の張りで悩む方は、「太ももの外側が太い&張り出す原因と細くする3つの手順」で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

太ももが太い原因④:脂肪が多い

そして、最も太ももが太くなってしまう原因は、

食べ過ぎや運動不足で脂肪が多くついてしまう

ということです。

脂肪がつくその他の原因は、

  • ストレス過多で自律神経が乱れている
  • 低体温で冷え性
  • むくみが長期間続いている

など。これらのどれかに当てはまっていると、代謝が下がったり、脂肪がつきやすい環境下にあります。

ですので、こういった脂肪の多さは太ももの太さと関連深いですし、逆に脂肪を落とせると太ももは大幅に細くできると言えますね。

太ももが太い原因⑤:筋肉がつく

最後の原因は、

太ももに筋肉がついて太くなっている

ということです。

これは、

  • スポーツ系の部活動をしている中学・高校生
  • 日頃ランニングをよくする方
  • ハードなトレーニングを習慣にしている方 など

に当てはまりやすいことで、スポーツ中の動作のまずさやトレーニング内容がまずいことで筋肉がついてしまう可能性があります。

例えばランニングをしている方で、地面を突くように着地を繰り返すとします。

そうすると、太ももの前側の筋肉がブレーキをかけるような形となり、大きなストレスがかかる。

このストレスを何回も受け続けると筋肉がつく可能性があります。詳しくは、「ランニングで脚が太くなる原因と脚やせする方法【走り方が全て】」で解説しています。

このように、主に5つの原因のどれか、もしくは複数が重なった結果太ももが太くなっているわけです。

では、どうすれば太ももを細くすることができるのでしょうか?以下でお伝えする、

  1. 筋肉を緩める
  2. むくみを改善する
  3. ダイエットをする
  4. 立ち方や歩き方を改善する

などの4つの方法で細くすることはできます。それぞれ解説していきますね。

 

太ももを細くする方法①:筋肉を緩める

太ももの筋肉が張って太くなっている場合、筋肉を緩めることで細くすることができます。

緩める主な方法は、以下の通り。

筋肉を揺らす

一般の方でも、誰でも簡単に変化を実感できるのが“筋肉を揺らす”という方法ですね。

手順

  1. 座った状態で、片脚を伸ばす
  2. 太ももをリラックスさせておく
  3. 太ももの筋肉を左右へ軽く揺らす
  4. これを2分間行う

太ももの裏などが気になる方は、同じ要領で太もも裏まで揺らせば太もも全体が緩みます。

ストレッチ

別の方法としては、ストレッチングでも筋肉を緩めることができます。

太ももの前側のストレッチング

手順

  1. 座った状態で、片脚は曲げ、もう一方は伸ばす
  2. 曲げた側は、足の甲を地面につける
  3. 身体の後方で手をつき、太ももの前側を伸ばしていく
  4. 気持ちいいところで、30秒間ストレッチングする

太ももの裏・内側のストレッチング

手順

  1. 座った状態で、脚を大きく広げる
  2. 軽く膝を曲げ、身体を脚の間に倒す
  3. 気持ちいいところで、30秒間ストレッチングする

太もも全体のストレッチング

手順

  1. 脚を肩幅に開く
  2. つま先は違和感ない程度に開く
  3. 体重を足裏全体に乗せる
  4. しゃがみ込み、膝とつま先を同じ方向に向ける
  5. この状態で2分間ストレッチングを行う

こういったストレッチング以外にも、寝ながらできる方法などもあります。

ちなみに、関節の捻れで太ももが太くなっている場合、気持ち良く身体を動かして行う動的ストレッチがおすすめ。

この方法は、「【寝ながらストレッチ】脚やせしたい人におすすめの7つの方法」で紹介しています。これをやれば、太ももの外側の張りはすぐに改善できます。

調整法

ここでお伝えする調整法をすることで、関節の捻れが改善でき、それによって筋肉も緩めることができます。

手順

  1. 仰向けになり、脚を腰幅ぐらいに開く
  2. 外くるぶしを軽く地面にこするように膝を曲げる
  3. ある程度曲げたら、脚を伸ばしていく
  4. 膝が伸び切ると同時に、軽く太ももを内側に捻る
  5. そして元の状態に戻し、これを2分間続ける

こういった方法で、太ももの筋肉を緩めることで、

  • 筋肉の張り
  • 関節の捻れ

などが原因で太ももが太くなっていた場合、細くすることが可能ですね。次は、むくみの改善をして太ももを細くしていきます。

 

太ももを細くする方法②:むくみを改善する

むくみを改善するポイントは、

  • 気持ち良く身体を動かす
  • リンパ管を刺激する

などの方法があり、いくつかご紹介しますね。

リンパマッサージ

リンパマッサージは、女性でされている方も多いと思いますが、むくみを改善するコツは、

  • 鎖骨の溝
  • 胸の骨
  • お腹周り
  • 鼠径部
  • 膝裏
  • 足首

というように、上から下に向かって適切に刺激を加えていくということ。

この手順を守ってリンパマッサージを行うことで、より太もものむくみが改善でき、太ももは細くできます。

具体的な方法は、「【簡単】脚やせリンパマッサージのやり方【効果も解説】」を参考にしてみてください。

ウォーキング

毎日仕事で疲れていて、夜にケアするのはできないかも…。そんな方は、普段の歩き方を変えるだけで、むくみを改善することが可能です。

歩くときに、

軽く足首を使うように歩くだけ

で、むくみが改善できます。ただ、歩き方のポイントをおさえていないと逆効果になる可能性もあるので、注意が必要ですね。

詳しくは、「ウォーキングで脚が太くなる理由【脚やせもできる】」で解説しています。

ゴキブリ体操

ゴキブリ体操という方法は、仰向けで手足をぶらぶらしてむくみを改善する方法ですね。

この方法もおすすめですし、もし力が入ってむくみが改善しづらい方は、壁を使った以下のような方法もおすすめです。

手順

  1. 仰向けの状態で、脚を伸ばして壁に置く
  2. 左右に転がすように脚を気持ち良く動かす
  3. これを2分間ほど行う

2つの方法の共通点は、

仰向けの状態で、リラックスして下半身の関節を動かす

ということです。そうすると、筋肉がポンプの役割となって太ももの循環を促してくれます。

こういうちょっとしたことを毎日続けるだけで太ももは細くなります。

具体的なやり方は、「ゴキブリ体操とは?効果・やり方・時間などを解説」や「壁に足上げて脚やせする方法」で解説しているので、こちらを参考にしてみてください。

プールや水泳

この他の方法としては、プールで、

  • 気持ち良く泳ぐ
  • 気持ち良く歩く

などがおすすめ。

水の中に入ると、水圧によって太もものむくみは自然と改善しやすくなり、さらに動くことで循環がさらに改善されます。

ただあまり力んでしまうと逆効果にもなるので、ポイントをおさえることが重要です。

詳しいことは「プールや水泳も脚やせ効果が期待できる理由」で解説しています。

こういったさまざまな方法でむくみを改善すれば、さらに太ももは細くなるので、特に内ももが太いと悩む方はここでお伝えしたことを重点的にしてほしいですね。

 

太ももを細くする方法③:ダイエットをする

次は、脂肪を落として太ももを細くする方法ですね。

成功例を参考にする

ダイエット成功のヒントは、

自分に合った方法をみつける

ということだと思いますが、ダイエットに成功した方の記録は非常に参考になると思います。

以下でダイエット成功例をご紹介しているので、こちらを参考にしてみてください。

基礎代謝を上げる

ダイエットの本質は、食事をいかに調節するかだと思いますが、基礎代謝を上げる方法は、

  • 筋肉をつける
  • 筋肉を膨らませる
  • 自律神経を整える

などさまざまな方法があります。

意外ときつくしんどくない方法でも基礎代謝を上げられるので、ここはぜひ脂肪が多い方には知っていただきたいですね。

詳しい内容は、「基礎代謝が上がらない理由と上げる方法」で解説しています。

トレーニングを行う

食事の調整と共に、トレーニングを行うことでより太ももを細くすることも可能です。

基本的には、立つ-しゃがむという動作を繰り返すトレーニングで十分で、特におすすめなのが以下の方法ですね。

手順

  1. 足を肩幅に開く
  2. つま先を違和感ない程度に開く
  3. 足裏全体に体重を乗せる
  4. しゃがみ込んでつま先と膝を同じ方向に向ける
  5. お尻の付け根に意識を向けて小さく弾む
  6. これを1分間×3セット行う

こういった“反動”を活用すると、筋肉も膨らみますし、下半身の関節の捻れも改善できます。

より詳しいトレーニング方法は、「【ジムや自宅でできる】脚やせトレーニングメニュー11選を紹介」や「スクワットで脚やせする方法【効果や回数なども解説】」で紹介しているので、こちらをご覧ください。

 

太ももを細くする方法④:立ち方や歩き方を改善する

ここまでの流れができると、太ももはかなり細くなっていきますが、全ての方に必要なことが立ち方や歩きかなどの改善です。

ここが改善できないと、本質的に太ももは細くならない。姿勢や動作の改善方法は、以下の通りです。

座り方

座り方のポイントは、

骨で座る

ということであり、お尻の下に当たる坐骨という骨で座ることがベースになります。

この座り方については、「脚やせしたい人におすすめの座り方を5ステップで解説【あぐらはOK】」で解説しています。

立ち方

立ち方の改善も、

骨で立つ

ということであり、丁度くるぶしの真下の骨で立つことができれば、太ももへのストレスが軽減されます。

この立ち方は、「脚やせする立ち方を4ステップで解説【重心は踵】」をご覧ください。

歩き方

歩き方のポイントは、

脚を前に出すことではなく、重心を前に運ぶこと

です。

ここのポイントを理解して実践できると、前ももの張りはより一層改善されるはず。

歩き方は、「脚やせする歩き方を4ステップで解説【ウォーキングも同じ】」や「ヒールでの歩き方を5ステップで解説」で解説しています。

階段や自転車

あと改善が必要な動作は、階段の上り下りの仕方や自転車のペダルのこぎ方など。

これらについては、「階段の上り下りで脚やせする方法」や「自転車で太ももが太くなる原因と4つの改善方法」で解説しています。

この姿勢や動作の改善が出来れば、根本的に太ももを細くすることができるので、ここまでの一連の流れをぜひできるところから実践してほしいなと思います。

 

まとめ

今回は、太ももが太い5つの原因と細くする4つの方法を解説しました。

今回の記事のまとめ

  • 太ももは、筋肉の張りや関節の捻れ、むくみなどのよって太くなる
  • 個人によって原因は異なり、その原因を取り除けば細くできる
  • 細くする方法は、筋肉を緩める、むくみの改善、ダイエットなど
  • 根本的に細くするためには、姿勢や動作の改善は必須
  • この一連の流れができれば、太ももを細くすることができる

こういった内容をお伝えしました。

今回の内容は、実際に僕がパーソナルトレーニングで指導している内容になり、成果が出ている方法です。

理想の太ももに近づけるように、僕も必要なことをお伝えし続けるので、ぜひ一緒に理想の身体を目指しましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料体験・相談を随時受付中!


できるだけ記事でお悩みを改善できるようにお伝えしていますが、もしご自分で改善が難しい場合は、お気軽にIzuruStyleにご相談ください。無料体験も随時受け付けています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*