太もも・ふくらはぎが太い原因と脚やせする方法

この記事では、

  • なぜ太ももやふくらはぎが太くなるのか?
  • どういう方法で脚やせできるのか?
  • 自分に合った脚やせ方法とは?

そんな脚の悩みを少しでも解決できるように、脚やせ方法を解説していきます。

根本的な原因から日常でするべきことまで、詳しくお伝えしていきますね。

 

太ももやふくらはぎが太い原因

太ももやふくらはぎが太いと悩んでいる方も多いと思いますけど、そもそもなぜ脚は太くなってしまうのか?

大きく分けると以下の5つのことが考えられます。

  1. 筋肉の張り
  2. 関節の捻れ
  3. むくみ
  4. 脂肪が多い
  5. 筋肉がついている

これらが複雑に混ざり合ったり、1つの影響を受けて太ももやふくらはぎが太くなっている可能性が高いんですね。

脚の部位別で、何が原因になっているかが変わってくるので、部位別に分けて原因を解説していきます。

太ももの前側が太い

太ももの前側がポコッと張り出して方は、

  • 太ももの前側の筋肉が緊張している
  • もしくは、筋肉がついてしまっている
  • 立ち方や歩き方のまずさ

が影響して太く張り出している可能性が高いです。

日頃何気なく過ごしているときに、

  • つま先重心で立っている
  • へそを前に突き出すように立っている
  • 脚を前に出すように歩いている

こういう姿勢や動作をしていると、太ももの前側にストレスがかかり、そうするとどんどん太ももの前側だけでがポコッと張り出すようになります。

詳しい原因と改善方法は、こちらの記事を参考にしてみてください。

太ももの外側が太い

脚全体は細いけど、太ももの外側だけがボコッと張り出ている方もいると思いますが、この部分の太さや張りは股関節の捻れが原因です。

自然な状態であれば、こういう股関節の状態です。

ただ、股関節が捻じれることで、脂肪などの影響も受けて太ももの外側だけが張り出してきてしまう。

股関節が自然な状態から捻じれる原因としては、

  • 脚を内側に捻って立っている
  • 座っている時に内股になる
  • 内股状態で歩いている

などが考えられます。

太ももの外側を引き締めたいからといって、太ももの外側ばかりトレーニングしてもなかなか引き締まらないのは、股関節の捻れが改善できていないからですね。

太ももの外側については、こちらの記事で詳しく解説しています。

太ももの内側のたるみ

太ももの内側のむにっとしたたるみは、シンプルに脂肪が多い場合もありますけど、

  • 股関節の捻れ
  • 循環が悪く浮腫んでいる

ということも原因として考えられます。

現代人は特に運動不足ですし、座りっぱなしの時間が長い。そうすると、股関節周りで体液の循環が悪くなる。

さらに、食べ過ぎによって脂肪がつくことで太ももの内側がたるむということが考えられます。

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

ふくらはぎの外側の張り

ふくらはぎの外側の張りは、2つの原因が考えられます。それは、

  • 膝と足首の関節の捻れ
  • ふくらはぎの外側の筋肉そのものが太くなった

ということ。

これまでいろんな方のふくらはぎを見てきましたが、スポーツ選手やランナーじゃない限り、ほとんどの方は関節が捻じれた結果、ふくらはぎの外側が張っています。

ですので、この部分を引き締めるためには、まず筋肉を緩めて脚の関節をまっすぐにすることが重要ですね。

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

ふくらはぎの内側が太い

ふくらはぎの内側だけがモリッと太くなっていることに悩む方は、これもふくらはぎの外側の張りと原因は似ています。

  • ふくらはぎの内側の筋肉が緊張している
  • むくみでパンパンに張っている
  • 膝や足首の関節が捻じれている

などが原因として考えられます。

まずはふくらはぎの筋肉を緩めるだけで細くできますが、日頃の立ち方や歩き方も合わせて改善しないとうまく引き締めることができません。

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

部位によって微妙に太くなる原因は変わりますが、脚やせするためにまずやるべきことは、

筋肉を緩めるなどして、自然体に直す

ということ。

この辺りは詳しく動画でも解説しているので、合わせて参考にしてみてくださいね。

次は、脚やせする具体的な方法をご紹介しますね。

 

太い太ももやふくらはぎを脚やせする方法

いきなり“自然体に!”と言われてもイメージしづらいですよね。

ここで言う自然体というのは、

  • 骸骨に柔らかい筋肉がくっついた状態
  • 体液の流れも良く、むくみなどがない状態
  • 自律神経の乱れもなく、身体の機能が正常に働く状態

こういった状態を自然体とイメージしています。シンプルに言えば、

  • 全身の筋肉を緩める
  • 循環を改善する

ということです。そうすると、脚の捻れやむくみ、張りなどが改善し、これだけで脚はひと回り細くなっていきます。

この捻じれのない状態に直し、その中でダイエットなりトレーニングをすることで、より脚やせができますからね。

以下の方法が、僕が考える脚やせの方法です。

  1. ストレッチで筋肉を緩め身体を整える
  2. セルフリンパマッサージでむくみを改善する
  3. トレーニングやランニングで筋肉を引き締める
  4. ダイエットで余分な脂肪を落として脚やせする
  5. 座り方や歩き方を改善する
  6. レギンスやスパッツを活用する

それぞれ解説します。

①ストレッチで筋肉を緩め身体を整える

まず一番最初に行ってほしいのは、寝ながらできる脚のストレッチです。

脚を気持ち良くいろんな方向に動かすと、脚全体の筋肉が緩み、これだけで自然体に近づくし、脚やせができます。

特に、太ももの外側の張りや膝上のたるみがスッキリします。

ポイントは、

できるだけリラックスして、気持ち良く脚を動かすこと

です。こちらの記事を参考に実践してみてください。

②セルフリンパマッサージでむくみを改善する

次は自分でできるリンパマッサージで、脚全体のむくみを改善していきます。

脚のむくみを改善するポイントは、脚のリンパだけを刺激せず、必ず鎖骨下リンパ節と言われる鎖骨の下から軽くマッサージすること。

リンパ液の流れを良くするためには、

  1. 鎖骨下リンパ節(鎖骨の溝)
  2. 胸管(胸の骨)
  3. 乳び槽(みぞおち辺り)
  4. 鼠径リンパ節(鼠径部)
  5. 膝窩リンパ節(膝裏の溝)
  6. 足首周りのリンパ管

上から下に向かってリンパマッサージを行うことで、よりむくみを改善することができます。そして、1回でも脚やせができるので、おすすめの方法です。

禁止事項などもあるので、詳しい方法などは、こちらの記事を参考にしてみてください。

③トレーニングやランニングで筋肉を引き締める

トレーニングをすることで、たるみのないしなやかな美脚に近づくので、キュッと引き締めたい方はトレーニングも必須です。

スクワットで脚やせする

脚やせトレーニングの代表格はスクワットですね。例えば、以下のように、小さく弾むようにスクワットをすることで、脚やせが可能です。

ただ、細かいポイントをおさえておくことが重要で、それさえおさえていると脚やせができます。

こういったトレーニング動作を適切に繰り返すと、脚全体が細くなりますし、部分的な脚の太さも改善できます。

スクワットで脚やせを目指す場合、細かいフォームの調整が必要になるので、以下の記事も参考にしてみてください。

ジムでトレーニングを行う

また、ジムで脚やせを目指したい方は、ジム用のトレーニングメニューも紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

基本的にはスクワットと同じように、全身を刺激するメニューがベースですが、逆におすすめしないトレーニング方法も紹介しています。

ジムに通っている方は、こちらの記事も参考にしていただければと思います。

ランニングで脚やせを目指す

ランニングで脚やせできるの?と思う方もいるかもしれませんが、ランニングで脚やせは可能です。

ただ重要なのが走り方です。

  • 走り方がまずい→脚が太くなる可能性がある
  • 走り方が適切→脚やせできる

走り方によって全く真逆の成果がでてしまうため、走り方を細かく理解してランニングする必要があります。

詳しい走り方などについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

ここまでお伝えしてきた内容で、脚やせはほぼ確実にできると言ってもいいかなと思います。

こういったことで自然体になり、脚やせできると次はダイエットをしてより脚やせしていきます。

④ダイエットで余分な脂肪を落として脚やせする

ダイエットの考え方はシンプルで、

消費カロリー>摂取カロリー

この関係を維持することです。そのためにどんなことをすればいいのかというのが、ダイエットの基本。

このダイエットを適切に行う方法が理解できると、大幅なサイズダウンも可能になってきます。

ダイエットの始め方

いざダイエットを始めようとすると、何から始めていいのか、どうやってすればいいのかって意外と迷ったり、わからなかったりしませんか?

ダイエットを成功させる大きなポイントは、

  • まず現状をしっかりと把握する
  • 食事量を調節する
  • 運動を適度にする

当たり前すぎて新鮮味がないかもですが、ただこれが王道であり、確実にダイエットを成功させるためのコツです。

より詳しいダイエットの始め方は、こちらの記事で紹介しています。

半日断食

半日断食というのは、簡単に言うと、

朝食を抜いて、1日2食にする

という方法で、現代人に合っている方法かなと思います。

僕はこの方法で2ヶ月間で-8kgできており、そのときの記録を記事にしています。

この方法はそのまま真似してもらうと、わりとほとんどの方はダイエットに成功できるはずですね。

ダイエット成功例

30代の女性のクライアントさんで、失恋がきっかけでダイエットに成功し、9ヶ月で-16kgしたクライアントさんがいます。

この方のダイエット成功例もヒントが多いので、こういった他人のダイエット成功例も参考になると思います。

⑤座り方や歩き方を改善する

ここが最も重要とも言えるのが、日頃の姿勢や動作の改善です。ここが、脚が太くなっている根本的な原因でもあるため、改善は必須。

日常でよく行う姿勢や動作は、

  • 座り方
  • 立ち方
  • 歩き方
  • 自転車のペダルのこぎ方

などで、詳しい改善方法はリンクを貼っておくので、そちらを参考にしてみてください。

これらが改善できると、本当に理想とする美脚に近づけますからね。

座り方の改善方法

座り方で注意しておきたいことは、

  • 骨盤の傾き
  • 膝を内側に倒す
  • お姉さん座りをしない

などです。座り方のポイントは、

骨で座る

ということであり、こういう座り方ができると楽に座ることもできるし、結果として脚やせにもつながります。

こちらの記事で詳しく解説しています。

立ち方の改善方法

立ち方のポイントは、

骨で立つ

ということ感覚を掴むことです。

この骨で立つという感覚が掴めると、重心位置も安定して、日常生活の中で脚が捻じれることがなくなりますし、逆に脚がまっすぐ整います。

日頃立ち仕事をする方にとっては、改善必須のポイントになりますね。詳しくは、こちらの記事で解説しています。

歩き方の改善方法

立ち方の延長に歩き方がありますが、歩き方のポイントは、

重心を前に運ぶ

ということです。基本的には脚を前に出さず、自然に脚が出てくるように身体の使い方を変えると、特に太ももの前側の張りなどは引き締まってきます。

歩き方の改善方法は、こちらの記事で解説しています。

階段の上り下りの改善方法

階段の上り下りは、重心をうまく引き上げる、すとんと抜くように階段を下りる。こういった動作ができると、脚やせにつながります。

階段の上り下りの動作については、こちらの記事で詳しく解説しています。

自転車のペダルのこぎ方

自転車のペダルをつま先でこぐことが一般的だと思いますが、これは太ももの前側がパンパンに張る原因となります。

ペダルをこぐ位置は踵であり、この位置でペダルをこげばヒップアップもしてきます。

この自転車のペダルのこぎ方については、以下の記事で詳しく解説しています。

⑥レギンスやスパッツを活用する

日頃からスパッツやレギンスをうまく活用することで、キュッと上がったヒップラインに近づけたり、脚がよりスッキリします。

特にヒップラインはスパッツによって変化させやすい部位であり、活用しないと勿体ないと言えるかもしれません。

こちらの記事では、スパッツやレギンスをおすすめする理由や、僕が実際に試して良かったスパッツなどをご紹介しています。

ここまでの一連の流れができると、求めている脚やせが実現できるので、ぜひできるところからはじめてほしいなと思います。

最後に、脚やせしたい人からよく受ける質問などをご紹介しますね。

 

脚やせしたい人からよく受けるQ&A

Q、縄跳びで脚やせできる?

縄跳びで脚やせを目指そうとする方って結構いますよね。これは、跳び方によって結果が変わって、ランニングと似ています。

つま先着地を繰り返すとふくらはぎが太くなる可能性がありますが、足裏全体で着地ができると脚やせできます。

Q、有酸素運動って意味ありますか?

脂肪が減るし、ダイエットのプラスになるので意味はもちろんあります。

具体的にどういうことをすればいいのか、こちらの記事で紹介しています。

Q、ライザップで脚やせできますか?

おそらく現状によって変わると思いますが、基本的には脚やせは可能です。

ただ、脚のどこを引き締めたいかによって若干おすすめできるかどうかは変わってきます。ただ、ダイエットはかなり期待できるので、おすすめですね。

Q、アイテムって効果ありますか?

筋肉の張りや脚のむくみは、アイテムを使って筋肉をぶるぶる揺らしたりすることでより自然体に近づけることもあります。

特に、アセチノというアイテムは、下半身の太さをスッキリさせるのにおすすめのアイテムです。

これらについては、以下の記事で紹介しているので、興味がある方は参考にしてみてください。

Q、遺伝で脚やせできないことはありますか?

基本的にはありません。遺伝というよりも、後天的な理由で脚が太くなっているはずですので、その原因を取り除けば脚やせは可能です。

ただ、ふくらはぎに関しては少し遺伝との兼ね合いは考えられますね。

Q、ゴキブリ体操って効果ありますか?

むくみに悩む方は、毎日の習慣にすると効果的だと思いますよ。こういう重力を利用しつつ揺らすことは、むくみの改善にとっては重要ですね。

Q、足パカ運動って意味ありますか?

もちろん意味はありますし、これもゴキブリ体操と同じで毎日継続的にすれば脚やせにはつながります。

ただどのようにやるかが重要で、やり方次第で脚やせ+下腹を引き締めることができますよ。

Q、つま先立ちになると脚やせしますか?

つま先立ちは、正直逆効果になる可能性の方が高いと思います。常につま先立ちになることで、ふくらはぎの筋肉が緊張して硬くなります。

その結果、筋肉の張りやむくみがひどくなるので、あまりおすすめしないですね。

Q、プールや水泳って脚やせ効果ありますか?

プールなどに入ると、水圧によって下半身のリンパ液を押し上げてくれるので、むくみが改善して脚やせにつながる可能性があります。

気持ち良く泳ぐことでも効果が実感できると思うので、個人的にはプールや水泳はおすすめです。

Q、筋肉痛が出ないと脚やせしませんよね?

筋肉痛と脚やせは関係がありませんし、逆に筋肉痛が出るようなことをしているなら脚が太くなる可能性の方が高いかもしれません。

疲れること、筋肉痛が出る=脚やせではないので、特に筋肉痛が出なくても脚やせできます。

Q、ラップで脚を締めると脚やせしますか?

これはNGですね。というのは、皮膚でも呼吸をしており、ラップを強く巻くことで酸欠状態になりますし、脚やせにも効果はありません。

ラップを巻くのではなく、着圧ソックスなどで締め付ける方がおすすめですね。

 

脚やせして本当の自分、理想の自分になろう

Izuru Styleでは、ここまでお伝えしたように脚やせするために必要なことをすべてお伝えします。

大げさではなく、脚やせすることで自分に自信が持てたり、本当に人生が変わる方もいると思います。

脚に悩みを持ち続ける方が、

  • こういうことを知れるのは嬉しい
  • Izuru Styleがあって、本当に良かった
  • 変わるきっかけになった

そうやって変わるきっかけをブログなどからお伝えできれば、これ以上うれしいことはありません。

ですので、僕自身が持っている知識・技術をすべてお伝えするので、ぜひご一緒に脚やせできるように、理想の自分を目指していきましょうね。




無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む