ランニングをするときの手の使い方を解説

ランニングをするときの手の状態によって、肩の緊張の度合いが変わり、動きのスムーズさが変わってしまうことがあります。

グー or パーかみたいなことが言われますが、自然な状態を考えるとどちらでもないと考えています。

この記事では、

  • ランニングをするときの手の使い方
  • 手の状態と身体の動きとの関係

などについて解説します。

 

ランニングするときの手の使い方を解説

結論から言えば、以下の通りです。

結論:リラックスできる手の状態をみつけること

ランニングをするときの手の使い方は、

グーでもなく、パーでもなく、一番リラックスできる手の状態

が一番理想だと考えています。

僕が一番リラックスできる手の状態は、このぐらいの握りです。

ただただリラックスして自然になる手の状態が一番楽に感じるので、僕の場合はこんな感じですね。

このように、自分に合った手の状態をみつけることが一番重要になります。

グーだと肩が緊張する

気持ち良く身体を動かすためには、関節がスムーズに動くことが重要ですが、スムーズに動くためにはリラックスしておくことがポイントです。

一度試してほしいのが、手をグッと握った状態でその場で腕振りをしてみてください。

そうすると、肩周りが緊張して動きの硬さが出てきてしまいます。

動きが硬くなると無駄にエネルギーを消費するため、疲れやすくなりますし、陸上選手はこういう手の使い方をしているとマイナスになる可能性が高い。

パーでも手を開きすぎると緊張する

グーで緊張するのであればパーがいいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、これも試してもらうとわかると思います。

手をパーに開いた状態で、その場で腕振りをしてみます。

おそらくグーのときよりもスムーズに腕は動くと思いますが、ただこれでもまだ少し緊張が残っています。

つまり、

意図的に手を開閉してしまうと、多少なりとも緊張して動きが硬くなる

ということが言えるため、ランニング時の手の使い方は、基本的には

半開き状態がベスト

だと考えています。

この状態が一番リラックスできるし、肩周りの緊張も出ないため、この半開き状態の中で自分が一番リラックスできるポジションを見つけることが理想ですね。

 

まとめ

今回は、ランニングをするときの手の使い方について解説しました。

今回の記事のまとめ

  • ランニング時の手の使い方は、基本的には半開き状態
  • グーだと肩周りが緊張して動きが硬くなる
  • パーでも多少肩周りが緊張する
  • 一番リラックスできる手の状態をみつけることが理想

こういった内容をお伝えしました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ランニング時の走り方についても解説しているので、合わせて参考にしてみてくださいね。

無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む