ピッチャーがテイクバック時に肘が下がる原因と改善方法

ピッチャー経験のある選手は、テイクバックのときに肘が下がってしまい、1度は「肘を上げろ」とアドバイスされたことはないでしょうか?

こういうときに、肘を上げようと意識をするだけではなかなか肘の位置は変わりません。大切なことは、身体の構造を知り、スムーズに腕が上がるように身体を使うことです。

この記事では、

  • テイクバック時に肘が下がる原因
  • 肘をスムーズに上げる方法

などをお伝えします。

 

ピッチャーがテイクバック時に肘が下がる原因

ピッチャーがテイクバックのときに肘が下がる原因は、肩関節の構造を知ってもらうと理解しやすいので、まずは肩の構造をから解説します。

肩関節の構造

肩関節というのは、上腕骨と肩甲骨で関節が作られていますが、肩甲骨の自然な位置は前方30度といって少し前側に角度がついています。

ですので、自然に腕を上げるというのは、

身体の真横に腕を上げることではない

わけです。

自然な角度というのは、この辺りになります。

もし、腕の位置が背中側に引かれた状態でテイクバックをむかえると、関節の構造上腕は上がらないため肘が下がります。

ここからより具体的に原因を見ていきますね。

胸を張る・肩甲骨を寄せる意識がある

例えばピッチャーをしている選手が、投球時に、

  • 胸を張る
  • 肩甲骨を寄せる

などの意識があると、この意識そのものが肘が上がらない原因の1つとなってしまいます。

これらの意識で実際に動作をするとわかりますが、身体の後方から腕が動いてくるため、ある位置で腕が上がらなくなります。

このときにいくら、「肘の位置を上げろ!」とアドバイスされても肘は上がりませんし、上げられません。

これは関節の構造上の問題があるためで、改善するためには動きそのものを変える必要があります。

肘を内側に捻っている

また、似たようなことでテイクバックのときに腕を内側に捻る意識を持っているピッチャーもいると思います。

こういう意識を持ってしまうと、意識的に関節を捻っているため、肩周りの筋肉が緊張してしまいます。

筋肉が緊張するとスムーズに腕が上がりづらくなり、こういう意識も肘が下がってしまう理由の1つになる可能性があります。

柔軟性の問題もある

指導者からアドバイスを受けたこと、自分で意識して身体を動かそうとしていることが原因で腕が上がらないということもありますが、柔軟性の問題もあります。

肩の動きは、

  • 肩甲上腕関節(一般的に言われる関節)
  • 肩甲胸郭関節(肩甲骨と肋骨の関節)
  • 肩鎖関節(肩甲骨と鎖骨の関節)
  • 胸鎖関節(胸の骨と鎖骨の関節)

こういったいろんな関節が関係して身体が動きますが、これらに関係する筋肉が硬いとそれぞれの関節の動きが悪くなり、結果肘が下がるということが起こります。

ここまでお伝えした内容を整理すると、ピッチャーがテイクバックのときに肘が下がる原因は、大きく分けて2つあって、

  • 動き、動作のまずさ
  • 柔軟性の問題(筋肉の硬さ)

が考えられるというわけです。では、テイクバックのときに肘が下がらないようにするためには、どうすればいいのでしょうか?

 

テイクバック時にスムーズに肘を上げる方法

まずは柔軟性の改善から行っていきます。

肩周りの柔軟性を高める

肩周りの柔軟性を高めるためには、肩の関節を気持ち良く動かすことです。

肩周りの体操を「二の腕の外側が太くなる原因と細くする5ステップ」という記事の中で解説していて、この中の、

  • 肘回し
  • 肩回し

という2つの方法を実践してみてください。そうすれば肩周りの柔軟性が高まり、スムーズに肘をあげやすくなります。

ここでしていただいた動きを投球動作につなげていきます。

肩回し → 一本背負い

次は腕回しからそのまま投球動作に移っていきますが、できるだけリラックスして繰り返します。イメージは、こんな感じです。

感覚としては、腕回しから一本背負いをするようなイメージで投球動作に入っていきます。

これをリラックスして続けられると、専門的な柔軟性の向上となるので、キャッチボール前に行うとスムーズな動作がしやすくなります。

ここまでできると肘はスムーズに上がる

上記の手順を繰り返し行うことで、腕のスムーズな動きはインプットされているので、そのまま投球動作に入っていけば、テイクバックのときに肘はスムーズに上がるはずです。

ここでのポイントは、特に何も考えず、リラックスすること。それさえできていれば、肘が下がらず自然に肩の高さぐらいまでスッと上がってくるので、これでOKですね。

肘の位置は肩の高さでOK

あと、肘を上げる高さですが、基本的には肩と同じ高さまで肘が上がればいいと考えています。

これはサッカーボールなど、少し大きめのボールを投げるとより理解しやすくなります。

  • 肩の位置よりも肘が下がる=肘への負担が増す
  • 肩の位置よりも肘が上がる=肩への負担が増す

という違いが生まれ、肩と同じ高さでボールを投げると、負担なくスムーズに投げられることがわかると思います。

こういった肩肘への負担のかかり方から考えると、肘の高さは肩と同じ高さまで上がればOKだと考えています。

 

まとめ

今回は、ピッチャーがテイクバック時に肘が下がる原因と改善方法を解説しました。

今回の記事の内容

  • 肩甲骨を前方30度の位置についている
  • 真横から腕を上げると、肘の位置は下がる
  • 胸を張る、肩甲骨を寄せるなどの意識をしても肘の位置は上がらない
  • 柔軟性が低い場合も、肘が上がらない
  • 改善のためには、柔軟性を高める+動作を改善する
  • この2つができると、テイクバック時の肘の位置は上がる

こういった内容をお伝えしていきました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む