パーソナルトレーニング後にリバウンドする理由

パーソナルトレーニングを受けようと思っても、卒業後にリバウンドするのでは?と不安になっている方もいると思います。

行動習慣を変えることができると、パーソナルトレーニングを卒業してもリバウンドすることはありません。

この記事では、

  • パーソナルトレーニング後にリバウンドする理由
  • パーソナルトレーニング卒業後にリバウンドを防ぐ方法

などを解説します。

 

パーソナルトレーニング後にリバウンドする理由

結論から言えば、以下の通りです。

行動習慣が元に戻る

パーソナルトレーニングを卒業してリバウンドするか、しないかで言えば、ご本人次第です。

リバウンドする人の特長としては、

行動習慣が元に戻ってしまう

ということがあげられます。

例えば、パーソナルトレーニングで結果が出るときのパターンは、

  • 今までと違った生活習慣に変えられた
  • 食事をうまく調整できた
  • トレーニングを週1~2回行えた
  • 意識的に身体を動かせるようになった など

身体を変えるために必要な刺激を、適切に加えられたタイミングで身体は変わっていきます。

つまり、パーソナルトレーニングで身体が変わる一番の理由は、

これまでと違った行動習慣に変えられたこと

です。

ただ、パーソナルトレーニング期間中であればトレーナーのサポートが常にあるため、習慣を変化させやすく、かつ維持しやすい。

ですが、パーソナルトレーニングを卒業することでトレーナーのサポートがなくなったり、精神的にホットしてしまうこともあると思います。

このタイミングで、

「ちょっとぐらいいっか…」

と妥協してしまって、変わった身体を維持するために必要な食事量を上回ってしまったり、今までできていたことをサボり始めてしまう。

この行動習慣が元に戻ってしまうことで、以前と同じ体型かそれ以上にリバウンドしてしまうということが起こります。

パーソナルトレーニング後にリバウンドをする全ての方に、この、

行動習慣が元に戻ってしまう

ということが起こるからこそ、リバウンドをしてしまっていると考えられます。

トレーニングを辞めてしまう

また、パーソナルトレーニングではほぼ必ず筋力トレーニングを行っていると思います。(目的によりますが。)

週2回の頻度で行っていた方は、

  • 筋肉に適切な刺激が加わる
  • 筋肉が大きくなり、基礎代謝が上がる
  • 基礎代謝が上がり、消費しやすい身体になる

という変化が起こっていたはずです。

パーソナルトレーニングを卒業後、自分でトレーニングを行わなくなると、せっかくついていた筋肉は落ちはじめ、基礎代謝が下がってしまう。

そうするとリバウンドする確率は上がりますが、ここでポイントになることが2つあります。

それは、

  • 基礎代謝が下がる
  • 運動で消費できるエネルギー量が減る

この2つです。

基礎代謝が下がることはイメージできると思いますが、もう1つ重要なのは、週2回のトレーニングをしなくなることで、そこで消費できていたエネルギーを消費しなくなることです。

そうすると、パーソナルトレーニング中は食べても体重が減るイメージだったのに、卒業後は食べる量が変わっていないのにリバウンドしたという感覚に陥る可能性もあります。

パーソナル卒業後にトレーニングを辞めてしまうことも、リバウンドの理由の1つになりますね。

意識の低下

あと考えられることは、

意識の低下

ですね。人が良い意味でも悪い意味でも変われるのは、環境の変化があると思いますが、トレーナーに指導される環境がなくなると、どうしても気の緩みも出てきてしまいます。

  • 間食したい → ちょっとぐらいいいよね。
  • 運動が面倒 → また明日にしよう。
  • やる気が出ない → 今日はこのぐらいでいいや。

我慢しすぎることはよくないですが、本来控えるべきところ、きちんとやりきるところで、それをやらなくなる。

こういうちょっとしたサボりが、結果的に加速されていってリバウンドは起こります。

僕もパーソナルトレーナーとして現場で指導していますが、パーソナルトレーニングを卒業された方でリバウンドする方の特長を整理すると、上記のような理由が考えられました。

では、どうすればパーソナルトレーニングを卒業してもリバウンドせずに過ごせるのでしょうか?

 

パーソナルトレーニング卒業後のリバウンドを防ぐ方法

リバウンドを防ぐ方法は、以下の通りです。

パーソナルトレーニング中に新しい習慣を身につける

パーソナルトレーニングを受ける期間は、おそらく最短でも2ヶ月間あると思いますが、人の習慣が変わるのにかかる期間は約1ヶ月とも言われています。

短期でパーソナルトレーニングを受けても、十分習慣は変えられる期間があります。

パーソナルトレーニング中に意識的にしてほしいことは、

指導されて行っていることを当たり前にできるようにする

ということが、リバウンドを防止するために重要です。

身体を変える=習慣を変えることでもあるので、ただ指導されたことをやっているだけではなく、パーソナルの期間中は、

自分の習慣を根本的に変える

という意識を持って過ごせば、新しい習慣を見つけられるはずです。

これができると、グッとリバウンドする確率は低くなります。

ですので、パーソナルトレーニングを受けている時から、

  • 生活リズム
  • 食事内容
  • 運動内容や頻度など

こういった要因を変えて、習慣にできるようにすればリバウンドは起こりづらくなると思います。

知識を学んでおく

身体を変えるためには、適切な知識と実践力があれば、自分でも十分身体を変えることができます。

リバウンドするにも理由があり、その理由が分かっていれば対策もしやすくなる。

ですので、パーソナルトレーニング卒業後にリバウンドをしないように、

  • 適切な食事量や内容
  • 必要なトレーニング内容や方法
  • 毎日の生活の中で気をつけるべきこと など

を学び、知識として蓄えておくことでも、リバウンドを防ぐことができます。

トレーナーによっては、聞かないと教えてくれないこともあるので、知識面は積極的にトレーナーに質問する方がいいと思いますね。

自分の頭で考えて行動する

これも大切だと思っていて、パーソナルトレーニング期間中は常に指導されたことをやるというスタンスになりがちですよね。

それでOKな部分もありますが、卒業後のリバウンドを防ぐためには、指導されたことを一度頭の中で自分なりに考えてみる。

そこから行動するということを癖付けておくと、

なんとなくやっている → 自分の意思で実践している

という感覚に近づいていきます。

パーソナル卒業後も自分の身体とは向き合い続ける必要があるので、誰かに言われないとできないではほぼ確実にリバウンドしてしまう。

それを防ぐためにも、自分の頭で考えて行動する癖をつけることも重要です。これができると、リバウンドしないために何をすればいいのか、考えて実践することもできるようになると思います。

ですので、こういった感覚を養うためにも、パーソナルトレーニングの期間中は、ただ言われていることをやるのではなく、自分の頭で行動することも大切ですね。

最低週1回のトレーニングをする

これはほぼ絶対状態ですが、リバウンドをしないためにも、最低週1回のトレーニングを実践するようにします。

筋肉は、週1回の刺激を受けることで衰えず、現状を維持することができます。つまり、

パーソナルで鍛えた筋肉は、週1回トレーニングをすれば維持できる

ということになります。

卒業してトレーニングを辞めたとなれば、せっかく投資して頑張った分がチャラになってしまう可能性もあります。

それではもったいないですし、筋肉が落ちてリバウンドもしやすくなる。

最低でも週1回のトレーニングを維持することで、リバウンドしづらい身体も維持できるので、ここもぜひ守ってほしいなと思います。

ここまでのことができれば、パーソナルトレーニングを卒業後にリバウンドすることもなく過ごせるので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

まとめ

今回は、パーソナルトレーニング後にリバウンドする理由などを解説しました。

今回の記事のまとめ

  • 行動習慣が元に戻るとリバウンドしやすい
  • トレーニングを辞める、意識が低下してもリバウンドしやすくなる
  • リバウンドを防ぐためには、新しい習慣を身につける
  • 知識を学び、自分の頭で行動できるようにする
  • 最低1週間のトレーニングをする
  • こういったことをすれば、リバウンドを防ぐことができる

こういった内容をお伝えしました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ダイエットに関する記事も貼っておくので、合わせて参考にしてみてください。

無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む