骨盤矯正しても脚やせしない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

骨盤矯正をすると脚やせできると言われることもありますが、実際のところはそこまで直接的に結果につながらないかもしれません。

構造的なものを知っていただくと、骨盤矯正と脚やせのつながりがより具体的に見えてくると思います。

この記事では、

  • 骨盤矯正しても脚やせしない理由
  • 骨盤を整える方法

などをご紹介します。

 

骨盤矯正をしても脚やせしない理由

根本的なところから言えば、そもそも骨盤は“歪みづらい”構造をしています。

そもそも骨盤が歪むとは

女性誌などでもよく見かける“骨盤が歪む”ということですが、実は骨盤は歪みづらい構造をしています。

というのは、骨盤にある関節は非常に硬く、動きづらいのが特徴です。骨盤は、こういう構造をしています。

  • 前者=前側
  • 後者=後側

から見た骨盤の状態ですが、 この骨盤は主に2枚の板が重なるように2ヶ所でつながりができています。

恥骨結合という部分は、女性が出産するときでもほぼ離れることはありませんし、仙腸関節は非常に小さな動きしかしません。

つまり、

骨盤そのものが歪む、捻じれるということは起こりづらい

ということになります。

おそらく、一般の方が骨盤が歪むという表現をするタイミングというのは、

鏡で自分の骨盤の左右の高さを見比べると、どちらか一方が高い・低いと感じたとき

だと思います。

例えば、このような身体の状態だと、

  • 左側の骨盤=上がる
  • 右側の骨盤=下がる

というようになっているので、この状態を見て「骨盤が歪んでいる」と判断していると思うんですね。

ただ、これは骨盤が歪んでいるのではなく、左右の高さが違っている“だけ”であって、根本的な問題は“骨盤以外”のところにあります。

もしこの骨盤の高さの左右が出ている状態を『骨盤が歪む』と設定するのであれば、こういった状態は脚の太さに影響してしまうのでしょうか?

骨盤が歪むと脚は太くなる?

上記でお伝えした画像のような状態で過ごしていると、脚が太くなってしまう可能性はあります。

もう1度こちらの画像をご覧ください。

この状態であれば、左の骨盤が上がった状態となっていますが、全体的にみると体重が左側に偏っていますよね。

つまり、

日常生活で左脚に多くのストレスがかかる

ということが起こるため、左脚が太くなる可能性があります。

厳密に言えば、骨盤が歪んでいるから左脚に体重が乗るのか、それとも左脚に体重が乗るような姿勢の崩れがあった結果骨盤が歪んでいるのか。

ここは精査する必要がありますが、ただ、骨盤の歪みは脚の太さに関連する可能性は十分あり得るということです。

骨盤が歪むような癖の方が問題

この記事を読まれている方は、骨盤の歪みが気になっていると思いますが、骨盤の歪みよりも問題になることがあります。

それは、

日常生活での姿勢や動作の癖

ですね。

他の記事でも常々お伝えしていることですが、

日常生活での姿勢や動作の癖が脚を太くする大きな原因になっている可能性

があります。

例えば、

  • つま先重心で立つ
  • 地面をつま先で地面で突くように着地する

などの癖がある方は、太ももの前側やふくらはぎが硬く張ったり、太くなりやすい。

また、

  • 脚を内側に捻る
  • 足の内側に体重を乗せる

こういった癖がある方は、太ももの外側やお尻のたるみつながりやすい。

僕が現場でクライアントさんの身体を見ている限り、骨盤の歪みよりも姿勢や動作の癖の方が問題だと感じています。

ですので、骨盤矯正をするからといって必ずしも脚やせできるわけではないですし、姿勢や動作の改善の方が必要になってくるはず。

矯正=強制

また、個人的には、

矯正=強制

だと思っています。無理に身体の捻れや歪みを直そうと、骨をバキバキしてみたり、強制力で修正しようとする。

本当に素晴らしいテクニックをお持ちの先生もいらっしゃいますが、ほとんどのケースはいい方向に進まないと思います。

その理由は上記でお伝えした通りで、強制で一時的に骨盤の歪みを整えられたとしても、問題は別のところにあるケースが多い。

ですので、骨盤矯正することで脚やせすることは難しいでしょうし、やるべきことは別のところにあるということですね。

骨盤を自然な位置で維持することは重要

ここまでお伝えしたことを一旦まとめると、

  • そもそも骨盤自体歪みづらい構造をしている
  • 立っているときに骨盤の左右を感じる=骨盤の歪みとすれば以下のことが言える
  • 骨盤の歪みは左右の脚にかかるストレスの度合いを変える可能性
  • それによって脚が太くなることは考えられる
  • それよりも、日常での姿勢や動作の癖の方が脚を太くする可能性
  • 矯正=強制であり、矯正だけでは脚やせは厳しいかも

ということをお伝えしました。

僕自身、脚やせするためのベースは“自然体”と考えており、骨盤の左右差などを改善することは、間接的に脚やせにつながると考えています。

ですので、骨盤矯正は必要ありませんが、骨盤を整えることは脚やせするためには重要になってきます。

では、どうすれば今感じている骨盤の左右差を改善することができるのでしょうか?具体的な方法をご紹介しますね。

 

骨盤を整えて脚やせする方法

今回は、3つの方法をご紹介します。

①両足均等に体重を乗せる

手順

  1. 足を肩幅に開き、つま先も軽く開く
  2. 体重を足裏全体に乗せておく
  3. そのまましゃがみ込み、膝とつま先を同じ方向に向ける
  4. 両足均等に体重が乗っていることを確認する
  5. その状態で小さく弾む
  6. 30秒×3セット

このしゃがみ込みをする場合、できるだけリラックスして軽くトンッ、トンッ、トンッと弾むだけでOKですね。

そうすると全身の筋肉が緩んできて骨盤の左右差も改善されます。一番のポイントは、

ある意味適当に、リラックスして行うこと

ですね。

②イメージを活用する

手順

  1. 脚を肩幅に開く
  2. つま先と膝を開くと同時に軽くしゃがむ
  3. このとき、骨盤が開くイメージを頭の中で持つ
  4. つま先と膝を戻しながら立ち上がる
  5. このとき、骨盤を軽く締めるイメージで立ちあがる
  6. これを30回×3セット

骨盤の開閉をイメージしづらい方は、お尻を開く・閉じるというイメージを持っても骨盤は整ってきます。

こういうイメージを活用することでも、骨盤を整えることは可能ですね。

③骨盤周辺を緩める

骨盤周辺の筋肉が緊張して硬くなっているから骨盤の左右差が出ることもあります。ですので、以下のような方法で緩めることでも骨盤を整えることができます。

✔身体を捻るストレッチング

手順

  1. 仰向けになり、両膝を90度に曲げる
  2. その膝を片側に倒し、体幹を捻る
  3. この状態で30秒間ストレッチングする

✔身体を横側に傾けるストレッチング

手順

  1. 仰向けになり、脚を肩幅に開く
  2. 片脚を外側に軽く開き、もう一方の脚も近づける
  3. 身体を脚と同じ方向へ傾ける
  4. 腕を上げ、身体の側面を伸ばす
  5. この状態で30秒間ストレッチングする

✔しゃがみ込みのストレッチング

手順

  1. 脚を肩幅に開き、つま先を軽く開く
  2. 体重を足裏全体に乗せる
  3. しゃがみ込み、つま先と膝を同じ方向に向ける
  4. その状態で30秒間下半身全体のストレッチングを行う

本来であれば、個人の状態に合わせてストレッチングを行う必要がありますが、この3つをすることで、骨盤はある程度整います。

このように、骨盤の左右差はさまざまな方法で整えられますが、脚やせするためには以下のことも合わせて改善することが重要ですね。

骨盤が歪む座り方や立ち方などを改善する

大切なことは、やはり日常生活で行う姿勢や動作を自然な状態で維持するということです。脚やせするために必須と言えます。

ですので、上記で骨盤を整えた後は、合わせて座り方や立ち方などの改善を行っていきます。改善方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

ここまで改善ができると、骨盤矯正をしなくても脚やせできるので、ぜひ参考に実践してみてくださいね。

 

まとめ

今回は、骨盤矯正をしても脚やせしない理由や骨盤を整える方法を解説しました。

今回の記事のまとめ

  • 骨盤はそもそも歪みづらい構造をしている
  • 骨盤の左右の高さが違ったりすると、脚へかかるストレスに左右差が出る
  • それによって脚が太くなることは考えられる
  • ただ、矯正=強制であり、脚やせはそこまで期待できない
  • まず骨盤の左右を改善し、自然体にすること
  • そして、姿勢や動作を改善すれば骨盤矯正をしなくても脚やせは可能

こういった内容をお伝えしました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ちなみに、脚やせするための全体像は以下の記事を見ていただくとよりわかると思うので、こちらも参考になればうれしく思います。

[clink url=”https://izuru.info/leg-shape-success”]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料体験・相談を随時受付中!


できるだけ記事でお悩みを改善できるようにお伝えしていますが、もしご自分で改善が難しい場合は、お気軽にIzuruStyleにご相談ください。無料体験も随時受け付けています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*