脚が太くなる5つの習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日常生活の中で、ちょっとした習慣というか、癖があることで脚が太くなってしまうことがあります。

逆に、あまりよろしくない習慣を改善することで、今よりも脚が細くなることは十分ありえると思います。

この記事では、

  • 脚が太くなる5つの習慣
  • 日常生活でできる脚やせ方法

などを解説します。

 

脚が太くなる5つの習慣

脚が太くなる習慣や癖は、以下の通りです。

  1. ちょこちょこ動作
  2. つま先立ち生活
  3. 片側に体重を乗せる
  4. 足元を気にする
  5. 早歩き

それぞれ解説しますね。

①ちょこちょこ動作

これは現場でもよくクライアントさんに指導することですが、

知らず知らずのうちに、膝を軽く曲げた状態でちょこちょこ動いている

ということです。

例えば、雨でぬかるんだ河川敷を走ろうとすると、足が滑ってしまわないようにちょこちょこ走りになるイメージってわきますか?

そういった動作に似ていて、

  • 会社の中で上司の前を通るとき
  • 近くのコピー機から椅子に座るとき
  • 何げなく少し動いたとき など

にそういったちょこちょこと動き、重心を下げたような状態でつま先着地を繰り返す。

こういった動作を繰り返し行っていると、特に太ももの前側の張りにつながってしまうことがあります。

こういう癖がある方は、これだけで脚が太くなっている可能性もありますね。

関連記事:太ももの前側が太い&パンパンに張り出す原因と細くする4つの手順

②つま先立ち生活

つま先立ちをしていると、

  • ふくらはぎが細くなる
  • 脚やせにつながる

みたいなことを聞いたことがある方もいるかもですが、実際は脚が太くなってしまう可能性の方が高いと思います。

つま先立ちを実際にするとわかりますが、

ふくらはぎがパンパンに張り、歩くたびに前ももやふくらはぎにストレスがかかる

ということが実感できると思います。

家でも洗い物をしているときにつま先立ちになってみる。こういう習慣は、高い確率で脚が太くなっている原因になっているはずです。

詳しくは、「脚やせ効果が期待できない「つま先立ち」を解説」で解説しているので、こちらもご覧ください。

③片側に体重を乗せる

これもよくある癖の1つですが、このように片側に体重を乗せて立っているということ。

こういう立ち方をしていると片脚に体重がかかり、そのストレスによって片脚が太くなることも考えられます。

しかも、脚の捻れも生じやすいため、こういう姿勢の癖が習慣化されていると、特に太ももの外側の張りなどにつながってしまうかもしれません。

④足元を気にする

日頃意識を高く持って、歩き方などに注意を払っている方に起こりがちなことですが、いわゆる正しい歩き方と思っている動作を意識して歩く。

このとき、

  • 足元の動きは適切にできているか
  • 脚はどのように動かしているか
  • 踵から着地してつま先から… など

腰よりも下にあるところに意識が向いた状態で歩いてしまうとします。

そうすると自然と重心の位置が下がってしまい、脚にかかるストレスが大きくなってしまいます。そうすると、脚の張りや捻じれにつながり脚が太くなることがあります。

日頃の姿勢や動作を改善しようとする意識を持つことは素晴らしいですが、

意識と無意識をうまく使わないと逆効果になる

ということも考えられます。

こういう足元を意識して歩くという習慣も、脚が太くなる原因の1つと言えますね。

⑤早歩き

あと、早歩きを意識的にしている方もいますよね。これは、脚やせ目的であればNGです。

というのは、早歩きをすると、

必ずつま先着地+脚を前に出す

という動作が起こり、太ももの前側やふくらはぎへのストレスが増します。そうすると、部分的に張ったり太くなったりすることがあります。

これらについては、「太ももの前側が太い&パンパンに張り出す原因と細くする4つの手順」や「太ももの外側が太い&張り出す原因と細くする3つの手順」で詳しく解説しています。

このように、こういった日常で習慣化されている癖などによって脚は太くなってしまう可能性があるということです。

次は、日常生活でできる脚やせ方法についてご紹介しますね。

 

日常生活でできる脚やせ方法

以下の5つをご紹介します。

  1. 足裏にパットを貼る
  2. 足首にサポーターを巻く
  3. 立ったまま足首回し
  4. 脚をぶらぶら揺らす
  5. 軽く足首を使って歩く

①足首にパットを貼る

一番簡単でおすすめな方法が、足裏に椅子の下に貼る傷防止パットを貼ることです。

丸いパットをこの位置に貼ります。

そうすると、歩くときなどにかかるストレスが脚全体に分散されて、

  • ふくらはぎの硬さや張り
  • 太ももの前側や外側の張り
  • O脚やX脚 など

に改善が見られます。

ただ足裏に貼って歩くだけなので、かなり簡単ですよね。具体的なことは、以下の動画の中で解説しています。

【脚やせ】歩き方の改善時に使ってほしいアイテムのご紹介

②足首にサポーターを巻く

次も①と似ていますが、足首にサポーターを巻いて過ごすことで、足裏全体で自然と着地ができるようになります。

そうすると、上記でお伝えしたような脚の悩みが自然と改善されていきます。これも動画で解説しているので、こちらをご覧ください。

ダイソーで買える脚やせアイテムのご紹介

③立ったまま足首回し

足首回しをすると、

  • 脚全体のむくみが改善する
  • 関節の捻れが改善され、ふくらはぎが細くなる

などのことが期待できますが、日常生活の中で立ったまま足首回しをしても同じ変化が実感できます。

電車待ちや信号待ちのとき、

足首がゴリゴリ鳴らない程度に軽く回す

という習慣を日常生活で行うことで、脚やせにつながるので、これもぜひしてほしいことの1つですね。

もし足首の太さで悩む方は、「太い足首を細くする方法」も参考にしてみてください。

④脚をぶらぶら揺らす

これは、僕もよく日常生活ですることの1つですが、脚をぶらぶら揺らすということです。動きのイメージはこんな感じですね。

仕事をしていたり、家事で1日立ちっぱなしの状態が続くと、どうしても脚の筋肉が張ってきたりします。

そんなときに、1日の中で何度も脚をぶらぶら揺らすようにすることで、これだけで筋肉を緩めることができます。

筋肉が緩むと、

  • 筋肉の張り
  • むくみ
  • だるさ など

が改善できるため、こういったただただ気持ち良く揺らすというのも日常生活で行いたい方法の1つですね。

⑤軽く足首を使って歩く

歩くときは、基本的に足首を使おうとしなくても自然に足首は使われます。

ただ、筋肉がグッと緊張しない程度に、ふわっ、ふわっと足首を使うようにあえて歩きます。

そうすると、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割となって、循環を改善してくれます。

その結果、歩くたびにふくらはぎの張りやむくみを改善してくれるので、こういう足首を軽く使いながら歩くのも1つの方法ですね。

ちなみに、歩き方の基本的な考え方は「脚やせする歩き方を4ステップで解説【ウォーキングも同じ】」で解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

このように、日常生活の中のちょっとした空き時間でもできることはいろいろあるので、ぜひ参考に実践していただければと思います。

 

まとめ

今回は、脚が太くなる5つの習慣や日常生活でできる脚やせ方法を解説しました。

今回の記事のまとめ

  • 脚が太くなる何気ない習慣は結構多い
  • ちょこちょこ動作やつま先立ちは太ももなどが張る
  • また、足元を気にしたり早く歩くことも脚が太くなる可能性がある
  • 日常生活で、ただ足裏にパットを貼る、テーピングを巻くだけでも脚やせする
  • 立ったまま足首回し、脚をぶらぶら揺らすことでも脚やせにつながる

こういった内容をお伝えしました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

脚やせについては、こちらの記事にまとめているので、興味ある方はこちらも参考にしてみてくださいね。

[clink url=”https://izuru.info/shape-up”]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料体験・相談を随時受付中!


できるだけ記事でお悩みを改善できるようにお伝えしていますが、もしご自分で改善が難しい場合は、お気軽にIzuruStyleにご相談ください。無料体験も随時受け付けています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*