立ちながらできるヒップアップ体操&トレーニングを7選ご紹介

ヒップアップするためには、しっかりと時間をとって筋トレをする必要がある。なんてことも言われてますが、実は立ちながらちょっと身体を動かすだけでもヒップアップは可能です。

忙しい方は、なかなか時間の確保は難しいですよね。そんな方におすすめのヒップアップ体操&トレーニング方法を7選ご紹介します。

 

立ちながらできるヒップアップ体操

以前、「40代の女性ががヒップアップする方法【まずは筋トレなしでOK】」の中でも解説しましたが、事務職の方は特に運動不足で、筋肉が硬くなっています。

結果、筋肉が萎縮してヒップラインが下がり、全体のボリュームも下がってしまっている可能性があります。

そんな筋肉は気持ち良く体操をして緩めることで、ヒップアップができます。以下の4つの方法がおすすめなので、ご紹介しますね。

①ヒップを左右に動かす

手順

  1. 脚を肩幅に開く
  2. 股関節が緊張しない程度に、ヒップを左右に動かす
  3. リラックスして気持ち良く1分間ほど動かし続ける

②ヒップを前後に動かす

手順

  1. 脚を肩幅に開く
  2. 筋肉が緊張しないようにお尻を前後に動かす
  3. 気持ち良く1分間動かし続ける

③骨盤で円を描くように動かす

手順

  1. 脚を肩幅に開く
  2. 骨盤で小さくな円を描くように回す
  3. 1分間同じ方向に回し、逆回しも1分間行う

④その場で足踏み

手順

  1. 足をグー1つ分ぐらいの幅で立つ
  2. 膝を斜め45度ぐらいの位置に交互に上げる
  3. 太ももなどが緊張しないように、気持ち良く足踏みする
  4. これを1分間行う

この4つの動きでお尻全体が緩み、これだけもヒップアップしてきます。

 

立ちながらできるヒップアップトレーニング

続いては、トレーニング方法を3つご紹介します。

①スタンディングレッグリフト

手順

  1. 脚を腰幅に開く
  2. 片側のつま先を外側に向ける
  3. その状態で、身体の後方に脚を持ち上げる
  4. 連続的に30回持ち上げ、3セット行う

②小さく上下に弾む

手順

  1. 脚を肩幅ぐらいに開く
  2. つま先も違和感ない程度に開く
  3. 体重を踝の真下に乗せる
  4. その状態で、小さく弾むように上下する
  5. これを50回×3セット行う

③スモールスクワット

手順

  1. 脚を肩幅ぐらいに開く
  2. つま先も違和感ない程度に開く
  3. 体重を踝の真下に乗せる
  4. 軽くしゃがみ込む
  5. お尻をギュッと締めて立ちあがる
  6. これを30回×3セット行う

こういった方法であれば立ったまま簡単にヒップアップできますし、ながらでもしやすいと思うので、ぜひ参考に実践してみてくださいね。

別の記事では、歩きながらヒップアップできる方法もご紹介しているので、こちらの記事も参考にしてみてください。




無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む