ヒールでの歩き方を5ステップで解説【脚やせも可能】

ヒールの歩き方が自然であれば、それだけヒップアップしますし、前ももがスッキリしたり脚やせも可能です。

黒人さんはヒールを履いてカッコよく歩かれていますが、ヒールの歩き方によってスタイルが良くなっている側面もあります。

この記事では、

  • ヒールを履いた時の歩き方を5ステップで解説
  • ヒールの選び方のコツやポイント

などを解説します。

動画でも解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

 

ヒールでの歩き方を5ステップで解説【脚やせも可能】

最初にまとめると、ヒールでの歩き方はこの5ステップになります。

5ステップ

  1. 重心を引き上げる
  2. 胸元を前に運ぶ
  3. 手脚はぶらぶら
  4. 足を後方に気持ち残す
  5. 骨盤を左右へ軽く動かす

この5つをおさえることで、ヒールで歩くだけで脚やせやヒップアップができ、かっこよく歩くことができます。早速詳しく解説していきますね。

①重心を引き上げる

いきなり重心と言われてもイメージがしづらいと思うので、ここでは

重心=身体を動かすポイント

と理解してもらうとわかりやすいと思います。一般的には、重心はへそ辺りにある丹田(たんでん)と言われる部分にありますが、ヒールを履いて歩く場合、胸辺りに重心を設定しておきます。

気持ち上半身を引き上げ、肩はリラックスさせておきます。

関連記事:ヒールを履いた時の立ち方はつま先重心?かかと重心?

②胸元を前に運ぶ

次は、胸辺りに設定した重心を進みたい方向に運んでいきます。

このときよくなりがちなのが、直接胸を出して歩こうとしてしまうこと。これはNGです。

実際に胸元は出さず、胸辺りを前に運ぶような“イメージ”で歩くようにします。

ここが違ってしまうとお伝えしたい歩き方と変わってしまうので、要注意ですね。

③手脚はぶらぶら

重心を前に運ぶように歩き始めると、手脚はぶらぶらでリラックスさせた状態で歩きます。そうすると、腕は自然な方向に動いてくれるので、特に難しく考える必要はありません。

また、脚がリラックスできていると、着地はピンとつま先が同時に着地するようになります。

このとき、余計な意識を持っていたりすると緊張して膝が曲がって着地してしまいます。

ですので、シンプルにリラックスして重心を前に運ぶだけでOKですね。

④足を後方に気持ち残す

そして、重心を前に運ぶことともう1つ気にしてほしいのが、後方の脚の使い方ですね。

歩いているときの後方の足の踵がすぐに浮いてしまわないように、足を後方に気持ち残すような感覚で歩きます。

後方の踵が早く浮きすぎるとこうなります。

このちょっとした違いで、ヒップアップできるかどうかが変わってきます。ですので、リラックスして歩けるようになると、

重心は前、足は後ろに少し残す

というイメージで歩くことで、脚やせもできますし、スタイルが良くなりますからね。

多くの方が、脚は前、前、前…みたいな感じなので、気持ち後ろに置いていく…置いていく…置いていく…みたいな方が理想です。

ここまでのところを一旦まとめると、こういったヒールでの歩き方になるはずです。

ただ、重心が低く、脚を前に出して歩いてしまった場合は、こういった歩き方になります。

理想は前者で、この歩き方に最後もう1つのことをプラスしていきます。

⑤骨盤を左右に軽く動かす

④までの流れでヒールを履いた歩き方はほぼOKですが、あとは歩く際に骨盤を軽く左右に動かすことで、よりスタイリッシュに見せることができます。

これは僕が解説するよりも、モデルさんの歩き方を見てもらった方がよくわかると思いますね。

ただただ圧倒されるというか、歩く姿に引きつけられませんか?富永愛さん、かっこよすぎですよね。

こんなイメージで骨盤を軽く左右に軽く動かすように歩くことで、スタイリッシュさ、かっこよさを出すことができるので、ヒールでの歩き方はこの5ステップとなります。

 

ヒールの選び方のコツやポイント

続いては、ヒールを選ぶときのコツについて、トレーナー目線で解説していきます。

恐怖心が出ない高さのヒールを履く

僕もヒールでの歩き方を理解するために、6cmぐらいのヒールを履いて歩いてみますが、これでもかなり高い感覚があります。

でも女性の中には、9cm、10cmぐらいの高さのヒールを履いている方もいますよね。問題なのは、高すぎるヒールを履くことで着地の際に恐怖心が出てしまうことです。

恐怖心があるとどうしても人は慎重に着地をしますが、そのとき身体の前に脚が出てきてしまう。そうすると、太ももの前側にストレスがかかりやすくなります。

おしゃれの観点から言うと僕は何も言えませんが、身体のことから見れば恐怖心が出るのであれば恐怖心が出ない高さまで下げることをおすすめします。

なぜなら、そのまま高いヒールを履き続けていると太ももの前側が太くなるから。ですので、理想の身体を目指す上では、あまり高いヒールはおすすめできません。

できればピンは太めの方が良い

先ほどは“高さ”についてお伝えしましたが、次は“細さ”についてですね。ピンが細いと、着地の際にぐねっと捻らないか不安になりませんか?

もしそこでも恐怖心が出ていたり、捻らないように気をつけているのであれば、脚は自然と前に出てきてしまっているはずです。

そうすると先ほどと同じで、太ももの前側が太くなってしまう。ですので、太ももの太さのことを考えるなら、できればピンは太い方がいいとなりますよね。

関連記事:太ももが太い5つの原因と細くする4つの方法【脚細くなりたい方必見】

ピンの底がすり減ったものは履かない方がいい

これは絶対避けてほしいことですが、ピンの底がすり減って傾斜ができているものは履かないようにするか、修理をしてほしいんですね。

理由は、自然に着地ができなくなりますし、もし外側に体重がかかるようにすり減っていれば、それだけで太ももの外側が太くなってしまう可能性があります。

「そんなことで身体って変わるの?」と思われるかもしれませんが、そういう気づきにくいことこそ身体の悩みの本質が隠れています。

ですので、ピンの底のすり減りがある方は、必ず修理するか新しいヒールを買い替えることをおすすめします。それが脚の悩みの原因になってしまう可能性は、かなり高いです。

 

まとめ:ヒールでの歩き方を変えるとスタイルが良くなる

今回は、ヒールでの歩き方を解説していきました。

今回の記事のまとめ

  1. 重心を引き上げる
  2. 胸元を前に運ぶ
  3. 手脚はぶらぶら
  4. 足を後方に気持ち残す
  5. 骨盤を左右へ軽く動かす

こういったイメージでヒールを履いた時に歩くことで、太ももはスッキリ引き締まっていきますし、ヒップアップもすることができるので、ぜひ実践してみてくださいね。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む