【バッティング】グリップから出すことで打球の質が変わる理由

バッティングのとき、グリップからバットを出すと最短距離で出てくるため、バッティングが良くなるなどと言われることがあります。

もう少し踏み込んで言えば、グリップから出すイメージでスイングすると、バットの芯でボールが捉えやすくなったり、インパクトの位置が変わりプラスになることがあります。

この記事では、

  • グリップから出すことで打球の質が変わる理由
  • グリップから出すスイングを身につける方法

などを解説します。

 

グリップからバットを出すことで打球の質が変わる理由

大きく分けると、2つの理由が考えられます。

ボールをバットの芯で捉えやすくなる

まず考えられることは、グリップから出すイメージでスイングすると、グリップを出した位置にヘッドがくるため、ボールをバットの芯で捉えやすくなります。

これは、現場でもよくアドバイスすることで、なかなかバットの芯でボールを捉えられない選手に対して、

グリップをボールにぶつけるイメージでスイングしてみて!

と伝えると、バットの芯にボールが当たる確率が高くなります。そして、もう1つの理由と合わせてバッティングの質が向上します。

グリップから出すとインパクトの位置が前になる

グリップから出すイメージでスイングすると、グリップ側にある手でリードすることになり、その結果インパクトの位置が前になります。

日頃から、

呼び込んでボールを打とう!

という意識が強い選手ほどインパクトの位置が前に変わり、結果的に打球が変わるはずです。

僕が考えるインパクトの位置は、「自分に合ったバッティング時のインパクトの位置をみつける方法」でお伝えしているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

このように、

  • バットの芯でボールを捉えやすくなる
  • インパクトの位置が前になる

この2つの理由によって、グリップを前に出すイメージでスイングするとバッティングの質が変わるというわけです。

では、具体的にどうすればグリップからバットを出すようなスイングができるのでしょうか?

 

グリップから出すスイングを身につける方法

これは4つのステップで習得ができます。

  1. グリップに小指をかける
  2. 小指でリードするように片手でスイング
  3. スイングしやすい軌道をみつける
  4. 逆の手を沿えてスイングする

それぞれ解説しますね。

①グリップに小指をかける

まずバットを握ったとき、グリップに小指をかけます。

もし日頃薬指をグリップに引っ掛けている選手は、薬指でOKですね。

②小指でリードするように片手でスイングする

グリップに小指を引っかけたら、指とグリップを馴染ませるようなイメージで、片手で軽くスイング動作を繰り返していきます。

③スイングしやすい軌道をみつける

そして、何度かスイングを続けていると、片手で一番スイングしやすい位置や軌道がわかってくると思います。

その位置をみつけ、より疲れないようにリラックスして片手スイングを繰り返していきます。

④逆の手を沿えてスイングする

片手スイングに慣れ、スムーズにスイングできる軌道がわかると、逆の手を沿えるようなイメージで両手スイングに変えます。

このときのポイントは、上の手は軽く沿えるぐらいでOKということ。

あくまでもグリップから出すようにスイングすることを目的としているので、上の手であまり強くグリップを握らないようにします。

こういう一連の流れで、後はインパクトの位置でヘッドを走らせるイメージでスイングすれば、グリップから出すようなスイング動作になっているはずです。

一連の流れは動画でも解説しているので、こちらも合わせて参考にしてみてくださいね。

この後にバッティングをしてもらうと、いつもより打球の質が変わっているのがわかると思うので、ぜひ実感していただければと思います。

 

まとめ

今回は、バッティング時にグリップから出すことで打球の質が変わる理由などを解説しました。

今回の記事のまとめ

  • グリップからバットを出すと芯でボールを捉えやすくなる
  • さらに、インパクトの位置が前になることでバッティングの質が変わる
  • グリップから出すスイング動作は4つのステップで習得できる

こういった内容をお伝えしました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む