太ももの前側が太い&パンパンに張り出す原因と細くする4つの手順

太ももの前側だけがポコッと張り出る。この太ももの前側の悩みは、日頃の何気ない立ち方や歩き方の影響を受けています。

筋肉が緊張することで前側に張り出しているため、引き締めるためにやるべきことは、まず筋肉を緩めること。

この記事では、

  • 太ももの前側が張り出す原因
  • 太ももの前側を細く引き締める方法

などを解説します。

 

太ももの前側が太い&パンパンに張り出す原因

太ももの前側が張り出す原因は、

筋肉の緊張

です。日常生活などの中で、何かしら太ももの前側の筋肉を使いすぎてしまった結果、筋肉が緊張して張っているはずです。

もう少し具体的に解説しますね。

①へそを前に突き出すような立ち方

人の身体は母趾球に体重を乗せて立つと、へそを前に突き出すような立ち方となり、太ももの前側がストレスを受けて張ってきます。

つまり、

日常の何気ない立ち方=太ももの前側が張る原因

として考えられます。

実践するとわかりやすいと思いますが、自然と考えている立ち方は、耳から内踝までが一直線のライン上にあることを大まかな目安にしています。

この姿勢からへそを前に突き出すように、つま先に体重をかけるように立ってみてください。

太ももの前側が張ってきませんか?この差は、見た目としては微妙な違いですが、体感とすれば大きな差になっているはず。

こういうへそを突き出した立ち方を、

  • 電車待ち
  • 信号待ち

などのときに癖づいていると、それだけで太ももの前側は張り出してきます。

ヒールを履いて立っている時も同じで、このような立ち方になっていると太ももの前側に常にストレスがかかります。

また、こういう立ち方の違いはお腹がぽっこり出る原因の1つでもあります。もしぽっこりお腹に悩む方は、「ぽっこりお腹になる原因と引っ込める方法」も参考にしてみてくださいね。

次は歩き方についてです。

②脚を前に出すような歩き方

歩き方が原因になっているケースでは、

脚を前に出すような歩き方をしている

ということが問題になっている可能性があります。まずは、こちらの画像をご覧ください。

身体を前に傾けている画像ですが、このまま身体が傾き続けるとどうなるでしょうか?おそらくこうなります。

このとき脚を前に出す意識があるでしょうか?おそらく自然に脚が前に出てきたと思います。

人は脚を前に出そうとしなくても脚が前に出てきますが、歩くときに、「脚を前に出す…」という意識を持っていたり、脚が前に出てくるような歩き方をすると、太ももの前側にストレスがかかり続けます。

また、脚を前に出すと身体の前で着地をしてしまい、脚がつっかえ棒のようになりブレーキがかかります。

そのブレーキをかけている筋肉が太ももの前側の筋肉になるので、こういう着地が原因でもパンパンに張ってきます。

また、日本人はヒールを履いて歩くのがあまりうまくなく、膝が曲がった状態で歩く方も多いですよね。

こういう歩き方をしていることも、太ももの前側だけがポコッと張り出てしまう原因の1つです。

関連記事:ふくらはぎの外側が張り出す原因と3つの改善方法

③階段の上り下りで太ももの前側を使う

階段を上るとき、足裏で踏ん張って「よっこらしょ。」っと言わんばかりに階段を上っていないでしょうか?

階段を上るときに足で踏ん張ってしまうと、太ももの前側にストレスがかかり、張ってきてしまいます。

また、階段を下りるときですが、何も考えずに下りていると自然にブレーキをかけながら下の段に着地をします。

このとき、後方の軸足の太ももでブレーキをかけていますが、このブレーキによって太ももの前側がストレスを受け、張ってきます。

こういう階段の上り下りの動作も原因の可能性もあります。

関連記事:ふくらはぎの内側が太くなる原因と3つの改善方法

③自転車のペダルをつま先でこいでいる

もう1つ、太ももの前側が張ってしまう原因は、自転車のペダルをつま先でこいでしまっているということ。

人の身体は不思議で、

  • つま先:太ももの前側
  • 踵:お尻の付け根

というように、足裏のどこでペダルを押すのかによって刺激を受ける部位が変わってきます。

クライアントさんに聞いてみても99%の方が、「自転車のペダルはつま先でこぐのが普通じゃないんですか?」と言うぐらい、みなさん無意識につま先でペダルをこいでしまっています。

もし、毎日ペダルをつま先でこいでしまっている方は、それも太ももの前側の張りにつながっている可能性がありますね。

詳しくは、「自転車で太ももが太くなる原因と4つの改善方法」で解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

このようにいくつか例を出していきましたが、これら以外も含めると、

  • 立ち方
  • 歩き方
  • 階段の上り下り
  • スクワットのフォーム
  • ランニング動作
  • 自転車のペダルのこぎ方 など

日常などの姿勢や動作が原因で太ももの前側が張っている可能性があります。

動画でも解説しているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

では、こういった原因で張ってきた太ももの前側は、どうすれば細く引き締めることができるのでしょうか?

 

太ももの前側を細くする4つの手順

4つの手順は、以下の通りです。

  1. 大腿四頭筋などを緩める
  2. 姿勢や動作を改善する
  3. 脂肪が多ければダイエットをする
  4. 必要であればトレーニングをする

この4つができれば、太ももの前側を細くすることができます。それぞれ解説しますね。

①大腿四頭筋などを緩める

まず太ももの前側の張りを改善するために行うことが、

筋肉を緩める

ということ。筋肉の張りは、緩めることでしぼみ、柔らかくなります。そして、この緩める方法で一番変化がわかりやすいのが、筋肉を揺らすという方法です。

以下の方法で、太ももを揺らしてみてください。そうすると、硬かった太ももが柔らかくなりますよ。

手順

  1. 座った状態で、片脚をリラックスさせて伸ばす
  2. 膝裏辺りを持ち、太ももを軽くバウンドさせるように揺らす
  3. これを2分間行う

②姿勢や動作を改善する

筋肉を緩めた後は、太ももの前側が張ったり、太くなる根本的な原因を取り除いていきます。

具体的には、立ち方や歩き方の改善が必要ですが、これらは別の記事で解説しているので、以下の記事を参考にしていただければと思います。

ここまでのことができると太ももの前側はだいぶスッキリしているはずです。ただ、もっと太ももの前側を細くしたいのであれば、以下のことを追加でする必要がありますね。

③脂肪が多ければダイエットをする

脂肪量が多ければ当然太ももが太く見えますし、張りと脂肪が重ねていると、より太ももの前側にポコッと張り出てきます。

もし脂肪が多い方は、ダイエットを同時進行で行います。ダイエットについては、以下の記事を参考にどうぞ。

④必要であればトレーニングをする

さらに、トレーニングをすることで太もも全体を引き締めることができます。

ここまでお伝えした4つの手順ができると、太ももの前側は細く引き締まり、より理想の美脚に近づけますよ。

 

太い&張り出す太ももの前側を細くするのは難しくない

今回は、太ももの前側の張りや太さを細くする4つの手順を解説していきました。

太ももの前側を細くする4つの手順

  1. 大腿四頭筋などを緩める
  2. 立ち方や歩き方を改善する
  3. 脂肪が多ければダイエットをする
  4. 必要であればトレーニングをする

こういった内容をお伝えしました。

太ももの前側がパツッと張り出していると、少し大きめのパンツを履いたり、気持ち的にもどこか一歩引いてしまいませんか?

大げさに聞こえるかもですけど、太ももの太さ1つとっても、やっぱり自分の人生に与える影響は大きいと思います。

ですので、自分が理想とする姿に少しでも近づけるように、できることから実践してほしいなと思います。今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ちなみに、太ももの外側や太ももの内側への対応はまた少し変わるので、これらの記事も合わせて参考にしてみてくださいね。




無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む