ふくらはぎの内側が太くなる原因と3つの改善方法

ふくらはぎの内側の膨らみというか、筋肉がポコッと太いと気になって膝下を出すことができなかったり、スカートなんて到底履けない。

このふくらはぎの内側の張りは、膝や足首の関節の捻れを改善し、ふくらはぎに刺激が加わらないような姿勢や動作を身につけると引き締めることが可能です。

この記事では、

  • ふくらはぎの内側が太い原因
  • ふくらはぎの内側を細く引き締める方法

などを解説します。

 

ふくらはぎの内側が太く見える原因

ふくらはぎの内側がこのようにポコッと張ってしまって、その部分が気になって悩んでいませんか?

このふくらはぎの内側の膨らみは、“筋肉がついているから太くなる”と言われることがありますが、女性の場合、筋肉がついて太くなるということはあまりないように感じています。

ふくらはぎの筋肉の性質

ふくらはぎが太くなりづらいというのは、筋肉の性質上からわかることなんですね。

筋肉は、大きく分けて2つのタイプがあり、【速筋・遅筋】と言われるこの2種類。

筋肉の分別

  • 速筋=ヒラメ
  • 遅筋=マグロ

このように分けるとイメージしやすく、それぞれの特徴はこのようになっています。

速筋 太くなりやすいが持久性がない
遅筋 細くなりやすいが持久性がある


ふくらはぎの筋肉には、主に遅筋が多く、そもそも筋肉としては太くなりづらい性質
をしています。

だから、特別にトレーニングとしていたり、ハードにスポーツをしていない限り、太くなりづらいということです。

なぜふくらはぎの内側は太く見えるのか?

ふくらはぎの内側が太く見えてしまう原因は、

筋肉が緊張していること、膝や足首の捻じれ

であると考えられます。

筋肉が緊張している

例えば、お米の入った重たい袋を手で持っていれば、前腕がパンパンになるイメージってできますよね?

これは、筋肉を使いすぎた、筋肉が緊張したことでパンパンに張り、結果太くなっています。日常生活などの中で、ふくらはぎの内側の筋肉を過度に使いすぎることで、パンパンに張って太くなってしまう。

これがふくらはぎの内側が太くなる1つ目の原因だと考えられます。

膝や脚の捻れ

2つ目の原因が、膝や足首の捻れですが、ふくらはぎは本来後ろ側に膨らみがあります。この膨らみは腓腹筋という筋肉の特徴であり、このような形をしています。

横から見るとこのように後方に膨らみが出てきますよね。

ということは、もし膝や足首が捻じれて、膝下が外側に捻じれてしまうと後方に見えていたふくらはぎの膨らみが内側に出てきます。

ちなみに捻じれる方向が変わると、ふくらはぎの外側の張りにも関連するので、これらの悩みの根本的な原因はほぼ同じです。

もし、ふくらはぎの外側の張りで悩まれている方は、「ふくらはぎの外側が張り出す原因と3つの改善方法」も参考にしてみてください。

ここまでお伝えした、ふくらはぎの内側が太くなる原因をまとめると、

ここまでのまとめ

  • ふくらはぎの筋肉は遅筋が多く、太くなりづらい
  • 筋肉が緊張することで太く見える
  • ふくらはぎの筋肉は、後方に膨らみがある
  • 膝などが捻じれることで、ふくらはぎの内側が太く見える
  • 筋肉の緊張+脚の捻れ=ふくらはぎの内側が太い

こういった原因でふくらはぎの内側が太くなっている可能性があるので、筋肉を緩め、脚の捻れを改善することでふくらはぎの内側を細く引き締めることができると考えることができます。

動画でも詳しく解説しています。

 

ふくらはぎの内側が太く見える日常生活などでの原因

先ほど、ふくらはぎの内側が太く見える原因を、

  • ふくらはぎの筋肉の緊張
  • 膝や足首の捻れ

ということをお伝えしましたが、そもそもこれらはなぜ起こってしまうのでしょうか?ここが、ふくらはぎの内側の太さの根本原因になるので、必ずおさえておいてほしいところになります。

前にある台などに身体のどこかを当てている

身体の前側に台や机などがあれば、人は楽をしたい生き物ですので、そこにお腹などをもたれかけるように体重を預けていきます。

そうすると、自然とつま先体重になっていきますが、多くの方はこのとき親指の付け根付近に体重が乗ってきます。

その他の場面の立ち方でも同じです。例えば、電車を待っているときでも、このようにへそを突き出すようになってしまう。

このような立ち方だと、ふくらはぎの内側の筋肉は常に緊張するため、日常的にこのような立ち方をしている方はそれだけでパンパンに張ってくるはずです。

本来は、このような状態で立つことでふくらはぎの内側は柔かい状態を維持できます。

このちょっとした違いですが、それが1日何時間もつま先立ちになり、それを毎日続けるとふくらはぎの内側は十分太くなってしまうと考えられます。

日頃の立ち方がふくらはぎの内側が緊張する1つの原因になっている可能性があります。

歩いている時の着地を考えすぎている

ふくらはぎの内側が太くなっている原因を、

もしかしてふくらはぎの内側が太い理由って、歩き方かも!?

と気づいて、「どうやって着地したらいいんだろう?足首ってどう使うのが正しいんだろう?」と、いろいろ考えてしまう。

こうやって探るように歩いてしまうと、足首が緊張し、つま先から地面を突くような着地になってしまって、結果ふくらはぎの内側が太くなります。

では、太くなったふくらはぎの内側をどのように改善すればいいのでしょうか?詳しく解説していきます。

 

ふくらはぎの内側をより細くする3つの改善方法

ここまでお伝えしてきたふくらはぎの筋肉の緊張、脚の捻れはすべて筋肉を緩めることで改善が可能です。

具体的な方法は、

  1. 膝関節の捻れを改善する
  2. 足首の捻れを改善する
  3. ふくらはぎ全体を緩める

の3つで、これは「ふくらはぎの外側が張り出す原因と3つの改善方法」の中で動画で解説しているので、こちらをご覧いただければと思います。

ふくらはぎの内側が太くなる根本原因を取り除く

ここまでの流れができると、続いてはふくらはぎの内側が太くなってしまった原因を取り除く必要があります。

基本的には、日常で何気なく行う姿勢や動作の改善は必須で、以下の記事を参考にしていただければと思います。

 

ふくらはぎの内側が太くなる原因と3つの改善方法のまとめ

今回は、ふくらはぎの内側が太いと悩む方に向けてお伝えしていきました。最後に、記事の内容をまとめると、

  • まずふくらはぎの内側が太くなる原因をみつけることが重要
  • 太くなる原因は、主に筋肉の緊張・脚の捻れ
  • ふくらはぎの内側を細くするためには、筋肉を緩め脚の捻れを改善すること
  • そして、日頃立ち方や歩き方を変え、根本原因を取り除くこと

こういった内容をお伝えしていきました。

これらの内容は、僕自身が現場で結果を感じている考え方であり、おそらくこの流れができるふくらはぎの内側は細くできるはずです。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む