ふくらはぎの内側が太い原因と細くする3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ふくらはぎの内側に筋肉がポコッとついて太い。気になって膝下を出すことができなかったり、スカートなんて到底履けないと悩む方もいると思います。

このふくらはぎの内側の出っ張りは、膝や足首の関節の捻れを改善し、ふくらはぎに刺激が加わらないような姿勢や動作を身につけると細くすることが可能です。

この記事では、

  • ふくらはぎの内側が太い原因
  • ふくらはぎの内側を細くする3つの方法

などを解説します。

 

ふくらはぎの内側が太い原因

ふくらはぎの内側が太いと悩む方は、この部分がポコッと張り出てしまっていることに悩んでいないでしょうか?

ふくらはぎの内側がポコッと張り出る

このふくらはぎの内側の膨らみは、“筋肉がついているから太くなる”と言われることがありますが、女性の場合、

筋肉がついて太くなるということはあまりない

かもしれません。順を追って解説していきますね。

ふくらはぎの筋肉の性質

筋肉には、速筋と遅筋という大きく分けて2つのタイプがあります。

それぞれの特徴は以下の通り。

速筋 刺激を受けると太くなりやすい
遅筋 刺激を受けると細くなりやすい

こういった特徴がありますが、ふくらはぎには遅筋といわれる、太くなりづらいタイプの筋肉が多く存在しています。

つまり、

ふくらはぎの筋肉は太くなりづらい性質をしている

ということです。

ですので、特別トレーニングをしていたり、ハードにスポーツをしていない限り、筋肉がついて太くなるということは考えづらいと思います。

ただ、筋肉がつかないということでもありません。もし筋肉がついているかも?と感じている方は「ふくらはぎの筋肉を落とす方法【細くすることは難しくない】」もご覧ください。

筋肉がつく原因や筋肉の落とし方を解説しています。

ふくらはぎの内側が太くなる理由

筋肉がついていないとなれば、なぜふくらはぎの内側は太くなっているのでしょうか?それは、

  • 筋肉が緊張している
  • 膝や足首が捻じれている

ということが関係している可能性があります。

例えば、普段はあまり歩かないのに、何かの用事で外を歩き回った。このとき、ふくらはぎがパンパンに張って太くなったと感じたことはないでしょうか?

これは、

歩くことでふくらはぎの筋肉がストレスを受け、その結果膨張して太くなった

ということが起こっています。

つまり、日常生活などでふくらはぎの内側の筋肉を過度に使いすぎることで、パンパンに張って太くなってしまう。

これがふくらはぎの内側が太くなる1つ目の原因だと考えられます。

2つ目の原因は膝や足首の捻れですが、ふくらはぎは本来後ろ側に膨らみがあります。この膨らみは腓腹筋という筋肉の特徴であり、このような形をしています。

ふくらはぎの筋肉

横から見るとこのように後方に膨らみがあります。

ふくらはぎの筋肉

もし膝や足首が捻じれて、膝下が外側に捻じれてしまうと後方に見えていたふくらはぎの膨らみが内側に出てきます。

腕で表現するとわかりやすく、自然な状態ではこのぐらいの太さに見えます。

自然な二の腕の状態

ただ、腕が捻じれてしまうと太く見えてしまいます。

腕が捻じれている

このように、関節が捻じれてしまうと部分的に太さが増し、こういったことが脚でも起こっています。

だからふくらはぎの内側だけがポコッと強調されるように太くなってしまう。

ちなみに捻じれる方向が変わると、ふくらはぎの外側の張りにも関連するので、これらの悩みの根本的な原因はほぼ同じです。

もし、ふくらはぎの外側の張りで悩まれている方は、「ふくらはぎの外側が張り出す原因と細くする6つの手順」も参考にしてみてください。

ここで考えなければいけないことは、

なぜ、ふくらはぎの筋肉が緊張して関節が捻じれてしまうのか?

ということです。

この理由は、多くの場合日常生活の立ち方や歩き方の中に隠されています。

前にある台などに身体を当てている

ふくらはぎの内側の筋肉にストレスがかかってしまう原因の1つに、

台所やデスク前での立ち方のまずさ

があります。

人は基本的に楽をしたい生き物ですので、身体の前側に台や机などがあれば、そこにお腹などをもたれかけるように体重を預けていきます。

へそを前に当てるように立つ

そうすると、自然とつま先体重になっていきますが、多くの方はこのとき親指の付け根付近に体重が乗ってきます。

その他の場面の立ち方でも同じです。例えば、電車を待っているときでも、このようにへそを突き出すようになってしまう。

へそを前に突き出すような立ち方

このような立ち方だと、ふくらはぎの内側の筋肉は常に緊張するため、日常的にこのような立ち方をしている方はそれだけでパンパンに張ってくるはずです。

本来は、このような状態で立つことでふくらはぎの内側は柔らかい状態を維持できます。

自然な立ち方

このちょっとした違いですが、立ち方がまずいと1日何時間もつま先立ちになり、それを毎日続けるとふくらはぎの内側は十分太くなってしまうと考えられます。

さらに、こういう立ち方の方は太ももの前側もパンパンに張っているはず。

もし太ももの前側の張りで悩んでいる方は、「太ももの前側が太い&パンパンに張り出す原因と細くする3つの手順」も参考にしてみてください。

ちなみに、足の親指の付け根で立つ癖があると、

膝や足首などの関節も捻じれてしまう

という関連性があります。次にお伝えする歩き方のまずさで、さらに筋肉の張りや関節の捻れが助長されているかもしれません。

歩いている時の着地を考えすぎている

これもよく現場であることですが、歩き方を考えすぎてしまって、

着地は踵からして、足首をこういう風に使う…

など、一気に複数のことを意識的に行ってしまおうとする方がいます。

実は、こういう意識を持つと足首が緊張してしまって、本来であれば足裏全体で着地できるのに、つま先着地になってしまう。

足元を探るように歩いてしまうと、つま先で地面を突くように着地してしまうこともあり、こういう歩き方を繰り返すと筋肉の緊張や捻れがさらにきつくなります。

このように、

  • 立ち方
  • 歩き方

などのまずさによって、結果ふくらはぎの内側が太くなっている可能性があります。

ここまでお伝えした原因は、動画でも詳しく解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

では、こういった原因で太くなってしまったふくらはぎの内側は、どうすれば細くすることができるのでしょうか?

 

太いふくらはぎの内側を細くする3つの方法

ふくらはぎを細くするためには、

  1. 膝関節の捻れを改善する
  2. 足首の捻れを改善する
  3. ふくらはぎ全体を緩める

まずはこの3つのことを行うことが重要です。

これらをすると、1日である程度細くなることが実感できるはずですね。

①脚の捻れを改善する

まず行ってほしいことは、

  • 膝関節
  • 足首の関節

この2ヶ所を捻れを整えることです。

具体的な方法は、「ふくらはぎの外側が張り出す原因と細くする6つの手順」の中で紹介しています。

この記事で紹介している方法ができると、次はふくらはぎ全体を緩めていきます。

②ふくらはぎ全体を緩める

ふくらはぎを“緩める”というのは、硬くなっている筋肉を柔らかくほぐすという意味ですね。

筋肉を柔らかくするためには、ただふくらはぎを軽く揺らせばOKです。

この具体的な方法は、「ふくらはぎの筋肉を落とす方法【細くすることは難しくない】」の中で解説しているので、こちらを参考にしてみてください。

もしストレッチングをしたい方は、「足首が硬い原因と柔らかくする方法【ストレッチも紹介】」が参考になると思います。

③ふくらはぎの内側が太くなる根本原因を取り除く

そして、①・②と並行して必ず行ってほしいことが、日頃の立ち方や歩き方の改善です。

これらの改善が、ふくらはぎの内側を細くする本質とも言える部分なので、改善は必須。

それぞれの改善方法は、以下の動画の中で解説しているので、こちらを参考に改善してみてください。

この①~③の流れを毎日徹底して行っていけば、ふくらはぎの内側はスッキリ細くなっていくはずです。

僕もこういう意識で毎日過ごし、結果的にふくらはぎはこのぐらいの細さを維持できています。

僕のふくらはぎ

やっていることは、上記でお伝えしたようなことだけです。

それで十分ふくらはぎは細くなっていくので、ぜひ記事を参考に1つ1つ丁寧に実践していただきたいなと思います。

 

まとめ

今回は、ふくらはぎの内側が太い原因と細くする3つの方法を解説していきました。

今回の記事のまとめ

  • まずふくらはぎの内側が太くなる原因をみつけることが重要
  • 太くなる原因は、主に筋肉の緊張・脚の捻れ
  • ふくらはぎの内側を細くするためには、筋肉を緩め脚の捻れを改善すること
  • そして、日頃立ち方や歩き方を変え、根本原因を取り除くこと

こういった内容をお伝えしていきました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料体験・相談を随時受付中!


できるだけ記事でお悩みを改善できるようにお伝えしていますが、もしご自分で改善が難しい場合は、お気軽にIzuruStyleにご相談ください。無料体験も随時受け付けています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*