ふくらはぎが硬い原因と柔らかくする4つの方法【緩めればOK】

ふくらはぎがパンパンに張っているからお風呂でマッサージをしてみたり、お風呂上がりにストレッチをしてみる。そのとき少し柔らかくなるけど、改善はなかなかできないで悩んでいる。

こういうふくらはぎの硬さって筋肉の緊張が原因で、これを緩めることで改善が可能なんですね。

ただ、大事なことはふくらはぎの筋肉が硬くなる原因をみつけ、その原因も取り除くところまでできればふわっと柔らかい筋肉になれます。

今回はふくらはぎが硬い原因と4つの改善方法をお伝えします。

 

ふくらはぎが硬い原因

結論から言えば、ふくらはぎが硬い原因は、

筋肉が緊張しているから

なんですね。

ふくらはぎが硬い=筋肉が緊張している状態

筋肉って、使い続けると硬くなる性質があります。例えば、その場で空気椅子をして5分間耐えるとしますよね。そうすると、太ももが次第に熱くなり、プルプル震え、5分経たずに筋肉は硬くなっていく。

つまり、筋肉は使いすぎると硬くなってしまうため、今ふくらはぎが硬いと悩んでいる方は、

筋肉を緩めると改善が可能

だと思います。別のケースとしては、異常にむくみが激しく、その影響でふくらはぎが硬くなるケースも考えられますが、おそらくこれは稀です。

僕がパーソナルトレーナーとして指導する中で、むくみがひどすぎてふくらはぎが硬いというのは、ここ10年間の中で数人なので、ほぼ筋肉の硬さが原因だと考えられます。

ではなぜ、ふくらはぎの筋肉が緊張し硬くなってしまうのでしょうか?主に4つのことが考えられます。

つま先重心で立っている

真っ先に考えられる原因は、

つま先重心になってしまっていること

です。人って、自然に立てるとこの位置に体重が乗ると考えています。

この位置に体重を乗せると足裏全体で体重を支えることができ、骨で立つ感覚になるため、脚の筋肉にかかるストレスは最小限となります。

ですが、

正しい立ち方はつま先で立つこと

と一般的に言われることも多く、つま先重心で立ってしまうとふくらはぎの筋肉は緊張してしまうんですね。この時間が長ければ長いほどふくらはぎの筋肉は硬くなり、パンパンに張ってきてしまいます。

関連記事:ふくらはぎの筋肉を落とす方法【細くすることは難しくない】

地面を蹴って歩いている

次は歩くときに、

地面を蹴る、足首を使うように歩いている

ということです。歩くときに足首は使うのではなく、自然に動くので特に何か意識をして使うことはありません。それをこのように、

地面を蹴るように動かしていると、これでもふくらはぎの筋肉は硬くなってしまう可能性があります。

つま先で階段を上り下りしている

これも日頃からしがちなことですが、階段の上り下りをするときに、つま先で行っているということ。

こういう状態で、つま先で階段の上り下りを繰り返すこともふくらはぎの筋肉にストレスがかかり、習慣になっているとふくらはぎが硬くなる可能性があります。

ここまでが主な原因として考えられることですが、もう1つトレーニング関連のことが原因として考えられるかもしれないので、お伝えします。

関連記事:階段の上り下りで脚やせする方法

トレーニングでふくらはぎを使いすぎている

例えば、ふくらはぎが硬いからといってふくらはぎを鍛えるようなことをしてしまうと、さらにふくらはぎが硬くなる可能性があるんですね。

スクワットをするときに、つま先重心のまま行ってしまうとふくらはぎが緊張しますし、太もも前側もパンパンに張ってきます。このように、トレーニング動作や内容のまずさが原因でふくらはぎが硬くなってしまう可能性があります。

ふくらはぎが硬くなる原因→ふくらはぎの筋肉を日頃から使いすぎている

ということですので、改善のために行うことは筋肉を緩めることになります。次は、筋肉を緩める方法を解説します。

 

ふくらはぎを柔らかくする3つの方法

ふくらはぎの筋肉を緩めるためには、

  • 筋肉を揺らす
  • 気持ち良く動かす
  • 筋肉を擦る など

の方法がありますが、今回はこれらを含めた3つをご紹介しますので、ぜひ実践して効果を実感してみてください。

①筋肉を揺らして緩める

手順

  1. 座った状態で片膝を90度ぐらいに立てる
  2. ふくらはぎをリラックスさせた状態にする
  3. 両手でふくらはぎの筋肉を軽く揺らす
  4. これを2分間行う

②足首を軽く動かす

手順

  1. 椅子に座った状態で、楽な位置に足を置く
  2. ふくらはぎやスネが緊張しない程度に、軽く足首を動かす
  3. 交互でもOKですし、両側同時に動かしてもOK
  4. リラックスして1分間動かし続ける

この足首を動かす方法は仕事中に、1時間に1回ぐらいのペースで行うとむくみも改善できて、ふくらはぎは柔らかくかなりスッキリしますよ。

ちなみに、足首回しをしてもふくらはぎは柔らかくなります。「ふくらはぎの外側が張り出す原因と4つの改善方法」で解説しているので、参考にどうぞ。

次は、根本原因を取り除く方法をご紹介します。

ふくらはぎが硬くなる根本原因を取り除く

筋肉を緩めるとふくらはぎは柔らかくなりますが、それだけではまた硬くなってしまう可能性があるんですね。なぜなら根本原因を取り除けていないからです。

ですので、ここからは根本原因であった姿勢や動作の改善についてお伝えします。

立ち方の改善方法

立ち方の改善ポイントは、まず、

体重の乗せる位置をつま先から踝の真下に変えること

ですね。今ふくらはぎが硬いと悩んでいる方は、このように立っている可能性が高いと思います。

これは少し極端ではありますが、つま先重心になっていると、このように見えます。本来は、このような立ち方が自然です。

このような立ち方にするためには、まず骨盤の位置を自然な状態にしてから立つと骨で立つ感覚が掴みやすいですね。

立ち方については、「立ち方を4ステップで解説【壁立ちはおすすめできない】」で詳しく解説しています。

歩き方の改善方法

歩くということは、重心を前に運ぶことであり、脚を前に出すことではないんですね。これだけを聞くと、「え?どういうこと?」

と思うかもしれませんが、胸辺りを前に運ぶようなイメージで歩くだけで、自然に脚は前に出てきますし、そういった歩き方ができていると着地もつま先からではなく、足裏全体することができるんですね。

ですので、歩く=重心を前に運ぶという認識に変えるだけでふくらはぎを柔らかくした状態を維持しやすくなります。

歩き方については、「歩き方の改善方法を4ステップで解説」や「ヒールでの歩き方を5ステップで解説」で紹介しています。

トレーニング動作の改善方法

スクワットなどのトレーニングをしている方は、その動作が原因でふくらはぎが硬くなっているかもしれません。

ですので日頃スクワットをしている方は、「太ももが硬いと感じる原因と改善方法【セルライトが原因ではない】」などを参考にしてみてくださいね。

 

まとめ:硬いふくらはぎは緩めると柔らかくできる

今回は、ふくらはぎが硬い原因と柔らかくする4つの方法についてお伝えしました。

今回の記事のまとめ

  • ふくらはぎが硬くなるのは、筋肉が緊張しているから
  • 筋肉が緊張する主な原因は日頃の姿勢や動作
  • ふくらはぎを柔らかくするためには、まず筋肉を緩めること
  • そして、姿勢や動作を改善し、根本原因を取り除くこと

この一連の流れができるとふくらはぎは柔らかくできるので、ぜひ参考に実践してみてください。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ふくらはぎの悩みについては、参考になる記事を貼っておくので合わせてどうぞ。




無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む