野球選手に伝えたいバッティングのコツや打ち方

野球選手は、ちょっとした身体の使い方を変えたり、ポイントを知るだけでバッティングが大きく変わることがあります。

バットの構える位置、軸足での立ち方、体重移動の仕方、バットの振り方などさまざまなポイントがあり、これらを整理するとパフォーマスを向上させることができるかもしれません。

この記事では、

  • バッティングのコツ
  • バッティング時の身体の使い方
  • 現場でよく受けるバッティング関するQ&A

などを解説します。

 

バッティング時の基本的な動き

バッティング動作を分解すると、以下のような流れになります。

構えから軸足に体重が乗り、体重移動をしてスイングする。

これが一連の流れになりますが、実際に野球選手がバッティングするときは、これだけ細かく分解して身体に意識を向けることは不可能です。

バッティング動作はできるだけシンプルに考えた方が理解しやすく、以下の3つのフェーズに分けて解説します。

  1. 軸足で立つ
  2. 前に体重移動
  3. 打つ(スイング)

この3つでバッティング動作や打ち方などを整理するとわかりやすいので、ここからは具体的なバッティングのコツや打ち方について解説します。

 

①軸足で立つ

本来であれば、軸足で立つよりも構えが先にくるため、ここでは構えも含めて軸足で立つまでのポイントを解説します。

バットの構え方

基本的には、バットの構え方に決まりはないので、個人の構えたいように構えるのがいいと思います。

ただ、少しポイントがあって、

  • バットの構える高さ
  • バットのヘッドの向き
  • 脇の開き方

などによって、

  • スイングスピード
  • バットの出しやすさ

などが変わってきます。ですので、身体の構造上どういう構えをすれば、どのような影響があるのか。

そういったことを知っておくことも重要です。このことについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

軸足に体重を乗せる

構えから軸足に体重を乗せ、下半身にエネルギーを蓄えていくわけですが、この場面で重要なのはどのように軸足で立つかということ。

基本的には、足裏全体に体重を乗せることが一番安定して立つことができますが、この場面で足の小指側に体重が流れる選手が多いと思います。

こういう体重の乗せ方になると、下半身でエネルギーを十分に蓄えることができません。

軸足に体重を乗せる時には、必ず足裏全体に体重を乗せておくことが重要です。

そうすると、下半身でしっかりとエネルギーが蓄えられ、次の体重移動をスムーズに行うことができます。

この軸足に体重を乗せる局面や、うまく軸足で立てない選手は、以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

 

②前に体重移動

軸足に蓄えたエネルギーを前方へ移動させ、次のスイングに活かすためにも、体重移動の局面も重要になります。

投手方向にまっすぐ移動する

体重移動をするときには、軸足で立ったときの立ち方が影響してきますが、ここではあまり難しく考えず、投手方向にまっすぐ体重を移動させる。

このときのポイントは、

  • 骨盤 など

を投手方向にまっすぐ移動させようとすることです。

こういった目安を設けることで、体重移動がまっすぐでき、極端にインステップしたり、開くことはなくなります。

体重移動の局面では、ほぼこれだけです。後は、細かいところを見れば、軸足でどのように地面を押して加速するのか。こういった部分も重要になります。

この体重移動の仕方などについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

身体が開くときの改善方法

バッティングをしていると、ついつい身体が開いてしまうことが癖づいてしまう選手もいるかもですが、この癖はわりとシンプルな方法で改善が可能です。

具体的な方法で言えば、

  • 立つ
  • 前に

ということを繰り返し、脳に身体の動きをインプットさせることです。

この改善方法についても、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

③打つ(スイング)

軸足で、体重移動をする、その後はバットを振り出していきますが、ここからのポイントは以下の通り。

グリップから出す

バットを振り出すとき、シンプルにボールに対してグリップをぶつけに行くイメージでバットを出します。

グリップを出した先にヘッドがくるので、この感覚でバットを振れば最短距離でバットを出すことにもなります。

このときのポイントは、

  • バットのグリップと手の当てがい方
  • グリップの出し方

などが重要になり、これらが適切にできると気持ち良くバッティングができるようになるはずです。

このグリップを出す感覚については、こちらの記事で詳しく解説しています。

インパクトの位置は身体の前

グリップから出すイメージでスイングすれば自然とインパクトの位置は身体の前側にきますが、インパクトの位置は基本的には身体の前にあるべきです。

インパクトの瞬間に一番大きな力を発揮する箇所は体幹ですが、この体幹が一番力を発揮する位置はこの辺りです。

腕が伸び切るか伸び切らないかぐらいの位置であり、ここが一番ボールに力を伝えやすい位置です。

逆に身体の中に呼び込んで打ってしまうと、力が入りにくく、うまくボールに力を伝えることができません。

このインパクトの位置については、こちらの記事で詳しく解説しています。

手首の使い方

インパクトを迎えた直後、よく言われるのが手首の使い方です。

  • 手首を返してボールを押し返す
  • 手首でボールを運ぶ

などと言われることもありますが、バッティング時に手首の使い方を意識することはあまり意味がありません。

むしろ、手首という部分的な動きを意識しすぎるとかえってバッティングのマイナスになりかねません。

ですので、基本的には手首の使い方は意識せず、気持ち良くスイングすることなどを心がければOKです。

この理由は、インパクトを迎えた直後の身体の動きを見てもらうとよくわかると思うので、こちらの記事を参考にしていただければと思います。

フォロースルーのとり方

ボールを打った後、スイングしたバットを減速させるためにフォロースルーに入りますが、このフォロースルーの位置によって打球の質が変わります。

簡単に解説すると、

  • フォロースルーを高くとる=打球が上がる
  • フォロースルーを低くとる=ライナー性の打球がとぶ

などの変化が起こります。

また、フォロースルーのイメージを、

センターの奥にバットを投げる

というイメージに変えるだけでも、打球の質は大きく変わります。このフォロースルーのとり方については、こちらの記事を参考にしていただければと思います。

最も大事なことはスムーズにスイングすること

ここまでの一連の流れがバッティングのコツ、打ち方になります。

こういった1つ1つのことを意識してバッティングをすると、当然身体は緊張しうまく打てません。

必ず覚えておいてほしいことは、

最も大事なことは、リラックスしてスムーズなスイングができること

です。

こういったスイングをするために、ここまでお伝えしてきた細かいポイントがあるわけで、これらをうまく取り入れながら自分の身体に落とし込むとより良いバッティングにつながるはずです。

ですので、1度にすべてを取り入れようとせず、自分に合うことを取り入れていただき、それをバッティングに活かしてほしいなと思います。

 

バッティングに関するQ&A

次は、よく現場で受ける質問などをQ&A形式でお伝えします。

Q、スイングスピードはどうすれば上がりますか?

スイングスピードを向上させるためには、前提としてスムーズなスイング動作ができていることが重要になります。

その上で、

  • 重いバット
  • 通常のバット
  • 軽いバット

3種類のバットをスイングすることで、真ん中である通常の重さのバットのスイングスピードを向上させることができます。

スイングスピードを上がる方法については、実際に現場で得られた成果なども含めて、こちらの記事で解説しています。

Q、どうすればタイミングがうまくとれますか?

ストレートや変化球に対して、タイミングのとり方をうまくする、それぞれの球速に対応するためには、

いろんなタイミングのとり方を身体に経験させる

ということです。

現場で指導をしていて感じますが、選手のタイミングのとり方は2~3種類ぐらいしか練習していないように感じます。

このバリエーションをもっと増やし、いろんなパターンを経験させる。そうすれば、タイミングのとり方もうまくなっていきます。

Q、筋トレをするとバッティングは良くなりますか?

これはよく勘違いされていることですが、

  • 筋トレをする=バッティング向上=✖
  • 筋トレをする=筋力が向上する=◯

ということです。

もう少し言えば、

  • バッティングを向上させたい=バッティングをする
  • 筋力を向上させたい=筋トレをする

という関係です。

筋トレをして筋力が向上するタイミングでバッティングがよくなることもありますが、それは初期段階での話。

本当にバッティングを向上させたい場合はバッティングをして、技術を向上させる必要があります。

もちろんトレーニングも必要になってきますし、トレーニングに対する知識が増えると練習とトレーニングの重要性が再認識できると思います。

トレーニングについては、以下の記事で詳しく解説しています。

 

野球選手に伝えたいバッティングのコツや打ち方のまとめ

今回は、野球選手に伝えたいバッティングのコツや打ち方について解説しました。

今回の記事のまとめ

  • まず大事なことは、スムーズなスイングができること
  • スムーズなスイングをするためにはリラックスすること
  • 打ち方は、立つ・前に・打つという3つの局面に分けると整理しやすい
  • 部分的な意識はスムーズなスイング動作の妨げになる
  • 自分で試してみて、良い感覚な方法のみ取り入れること

こういった内容をお伝えしていきました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

次のページでは、ピッチャーの投げ方について解説しているので、こちらも合わせて参考にしてみてくださいね。

無料体験・相談を随時受付中!


IzuruStyleでは、無料体験・相談を随時受け付けていますし、当ブログでお伝えしている悩みは全て改善が可能です。無料体験やパーソナルトレーニングをご希望の方は、こちらからお申込ください。




無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む