足首が細くならない理由と改善方法

きれいな足首を目指したいけど、何をしてもなかなか足首が細くならない。

そんな方は、足首が太くなる原因が取り除けていない可能性があり、ポイントをおさえればきれいな足首に近づけるはずです。

この記事では、

  • 足首が細くならない理由
  • きれいな足首になる方法

などを解説します。

 

足首が細くならない理由

理由は人によって違うと思いますが、現場でよく見られる理由は以下の通りです。

  1. 足首回しばかりしている
  2. 着圧ソックスを履いて寝るだけ
  3. 足首のストレッチングしかしていない
  4. 膝下の循環が改善できていない
  5. 足首が緊張しっぱなし

それぞれ解説していきますね。

①足首回しばかりしている

足首が太くなる原因に、

  • むくみ
  • 循環の悪さ
  • 脂肪が多い

などがありますが、これらは足首回しをすることで改善ができるので、実際足首回しを習慣にすると足首は細くなります。

ただ、問題なのが、

足首回し“だけ”を習慣にしている

ということ。ネットや雑誌の情報を見ると、足首回しをすると痩せる!みたいなことも書かれていますが、そもそも足首が太くなった原因は何かというのが、メインの問題になるはずです。

今よりもむくみが改善でき、それを維持できれば足首は細くなります。ただ、足首回しだけでは足りないんですね。本当に必要なことは、

足首回し+根本的な問題を取り除くこと

で、このセットができてはじめて理想の足首に近づけるはずです。

足首を細くする流れは、「太い足首を細くする方法」を参考に、

原因を掴む→改善方法をする→根本的な問題を取り除く

この流れを掴んでほしいなと思います。まず1つめの問題点としては、足首が太くなった根本原因を取り除けていないということですね。

②着圧ソックスを履いて寝るだけ

これは現場でもよく聞くことで、正直着圧ソックスを履いて寝るだけでは足首は細くなりません。

着圧ソックスの役割は、

  • 履くだけでむくみが改善するもの=✕
  • むくみの再発を防ぐもの=◯

だと考えています。

むくんだ足首を締め付けるだけではあまり効果はなくて、まずむくみそのものを改善する。その後に着圧ソックスを履いて、むくみが発生するスペースを埋めてしまう。

そうすると、再度むくみが発生しづらく、細い状態を維持できるというのが着圧ソックスの役割なので、

むくみを改善する→着圧ソックスを履く

という流れが必須だと思いますし、着圧ソックスを履くだけでは、ほぼ足首は細くなりません。

これも、足首が細くならないと悩む方はよくしがちだと思いますね。

③足首のストレッチングしかしていない

ストレッチングもよくされる方法ですが、トレーナーの僕としてはあまりストレッチングはおすすめできません。

というのは、適切にできると筋肉が緩んで、循環が良くなり、足首が細くなることはあります。ですが、

多くの方は、ストレッチングのやり方がまずい

ので、うまく効果を引き出せていないのが現状かなと。

  • 足首周りの筋肉をどのぐらいの強さで伸ばすか
  • どのくらいの時間伸ばすか
  • 意識の向け方や呼吸の仕方 など

こういった条件を適切にすれば結果は伴いますが、一般の方であれば足首回しとか気持ち良く足首を動かす方が、簡単でわりとすぐに結果を実感できると思います。

ある意味適当に、気持ち良く足首周りを動かせば、今とは違った変化を即日で実感できるはずです。

ただ、こういった方法やストレッチングであっても、足首周りのところでお伝えしたように、

足首が太くなる根本的な原因を取り除かないと、足首は細くならない

ので、もっと視野を広げてやるべきことを見つめていく必要があると思います。

もし、足首が硬いと感じている方は「足首が硬い原因とあまり知られていない改善方法」も参考にしてみてください。

④膝下などの循環が改善できていない

一般の方の多くは、

足首を細くしたい=足首に対して何かをする

というイメージでいろんな方法を実践していますが、足首よりも上にアプローチすることで足首が細くなることがあります。

例えば、膝窩リンパ節という膝裏のリンパ節がありますが、ここが詰まると膝下全体がむくんでしまう。

この場合、

膝裏にアプローチすることで、足首が細くなる

ということが起こります。少し場所が離れているのでイメージがつきづらいかもですが、人の身体はこういうつながりがあります。

足首だけにアプローチしてうまく細くならないのであれば、

  • 乳び槽(みぞおちにあるリンパ節)
  • 下腹部
  • 股関節(鼠径部)
  • 太ももの筋肉
  • ふくらはぎの筋肉

こういった足首よりも上の位置に問題が残っているかもです。基本的には、足首を細くしたい場合であっても、全身の循環の改善をしないと、足首は細くなりづらいですね。

リンパマッサージの方法は、「【簡単】脚やせリンパマッサージのやり方【効果も解説】」で詳しく解説しています。

⑤足首が緊張しっぱなし

ある40代のクライアントさんの歩き方を見ていると、なぜか足首がガチガチに緊張し、自然な動きができていませんでした。

この方の足首周りもよく浮腫み、パンパンに太くなっていましたが、一番の問題点は、

足首が緊張しっぱなしで歩いていた

ということ。足首が緊張していると、足裏全体で着地することができず、どうしても足のどこか一点で着地する確率が高くなります。

そうすると、地面から受ける衝撃をうまく脚全体に分散できず、ふくらはぎの筋肉が緊張して硬くなり、足首周りのむくみがひどくなる。その結果足首が太くなっていました。

この方の場合は、

  • 足首が緊張していることを認識させる
  • 筋肉を緩める
  • 足首をリラックスさせて歩く

ということをお伝えして実践すると、自然な歩き方に変わり、それだけで足首は細くなりました。

  • 足首周りの筋肉が硬い
  • 動作がまずくて足首が硬い

どちらかがあれば結果的に足首が太くなる可能性があり、この場合は、

足首周りの筋肉を緩める or 動きを改善する

ということをすれば、足首は細くなっていきます。こういう、足首周りが緊張していることも、足首が細くならない原因の1つになりますね。

では、こういった理由で足首が細くならない場合、どうすればきれいで細い足首にすることができるのでしょうか?

 

きれいな足首にする方法

主な流れは、以下の3つです。

  1. ケアを習慣にする
  2. ダイエットをする
  3. 足首が細くならない原因を取り除く

それぞれ解説しますね。

①ケアを習慣にする

ここでいう“ケア”とは、主に、

  • むくみ
  • 足首の関節の捻れ

などを改善する方法のことです。

具体的な方法は、以下の記事で紹介している方法を実践していただくと、それだけでも足首周りを細くきれいにすることができます。

②ダイエットをする

上記の内容でむくみや足首の捻れは改善できますが、もし足首周りに脂肪が多い場合は、ダイエットをして脂肪も減らす必要があります。

具体的なダイエット方法は、こちらの記事などを参考にしてみてくださいね。

③足首が細くならない原因を取り除く

あと必ず改善してほしいことは、日頃の立ち方や歩き方など、姿勢や動作ですね。

これらが自然な状態から崩れることで、足首が捻じれたり、むくみやすくなったりします。足首がきれいな方ほど、姿勢や動作もきれいで、魅力的です。

ですので、本当にきれいな足首を目指したい方は、姿勢や動作の改善は必須と言えると思います。これらについては、こちらの記事を参考にしてみてください。

この一連の流れができれば、きれいな足首に近づけるので、ぜひこの流れを参考にできることから実践してほしいなと思います。

 

まとめ

今回は、足首が細くならない原因と改善方法について解説しました。

今回の記事のまとめ

  • 足首が細くならない原因は、個人によって異なる
  • 足首回し、ストレッチングなどの方法だけをしても足首は細くならない
  • 重要なことは、足首が太くなった“原因”を取り除くこと
  • きれいな足首を目指すためには、ケアやダイエットはほぼ必要
  • さらに、姿勢や動作の改善は必須になる
  • この一連の流れで、きれいな足首に近づくことができる

こういった内容をお伝えしていきました。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

その他の部位の悩みがある方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

無料体験・相談を随時受付中!


Izurustyleでは、無料体験・相談を随時受け付けていますし、当ブログでお伝えしている悩みは全て改善が可能です。無料体験やパーソナルトレーニングをご希望の方は、こちらからお申込ください。




無料体験のお申込はこちら

無料体験に申し込む